Document in the CloudでiWork for iOSの使い勝手が良くなった

iCloud

.Macの頃からAppleの個人向けサービスに加入し、便利なんだけども時々不安定なMobileMeを利用してきた身として、ようやく安心してデータを預けることができそうなサービスとなったiCloud。

このiCloudの機能の一つである、Document in the CloudがiWork for iOSの使い勝手を一段上に引き上げてくれました◎

MacのiWorkよりも活用しているのでこの進化はとってもありがたいです◎

iWork for iOSでやっていたことと不便に感じていたこと

iWork for iOSで主にやっていたことは以下の二つ。

  • Numbersによる金銭出納管理
  • Keynoteによるポンチ絵作成

・Numbersによる金銭出納管理

過去このブログでも何度か取り上げています。

iPhoneとiPadで小遣いと家計の出納管理 | mylifelog

お小遣い管理方法アップデート | mylifelog

試行錯誤でお金の使い道を把握するための仕組みを構築してきました。

・Keynoteによるポンチ絵作成

このブログで出てくるポンチ絵は全てiPadのKeynote上で作成しています。

素材となるアイコンはMac上で収集し、iPhotoもしくはApertureのイベントに集約してiPadに読み込んで利用します。

このエントリにあるポンチ絵もKeynote for iOSで作成しています。

コンテンツ作りには欠かせないiWorkですが、データの運用方法に不便を感じていました。

iWork for iOSで作成したデータは当初iDiskに蓄積し、クラウドで一元管理していました。あちこちで違うバージョンが入り乱れないようにするためです。

しかし、iWork for iOSからのデータの同期はなんと手動という…常にiDisk上を最新にしておかないとコンフリクトを起こしてしまうので、それをiPhoneやiPadで編集するたびに意識するのがすんごく面倒なのでした。

iCloudのDocument in the Cloudで解決

Document in the Cloud

iCloud以前で不便だったデータの運用がDocument in the Cloudによってすべて解決されました◎

アップル — iCloud — 同じ書類をどこでも最新の状態に保ちます。

ネットワークに繋がってさえいればデバイス間で自動的に同期!

資料作成や集計に集中できるので、いつでもどこでもiPhoneでもiPadでも気軽に編集できるようになりました。

さらにいつでもどこでも最新情報のレビューが可能です。出納管理だったら最新集計情報を振り返れるし、ポンチ絵も最新版を見ながらブラッシュアップできます。

万が一、コンフリクトを起こしてもタイムスタンプから上書きするのかどうか聞いてくれるので分かりやすくて助かります。

さいごに

MacOSがLionになって、オートセーブとレジューム機能が搭載されたことでデータを保存するということをほとんど意識しなくなりました。よく編集するファイルはDropboxに入れているので、編集後のデータ運用もクラウド上で簡単に一元管理ができます。
というわけで、データの運用は意識の外で機能してくれると非常にありがたいです。

iCloudによってiOSデバイスでも意識しないでデータを一元管理できるようになり、本来の目的である作業に集中しやすくなって本当に便利になりました◎

Keynote 1.5(¥850)

カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
 販売元: Apple — iTunes K.K.(サイズ: 120.4 MB)

Numbers 1.5(¥850)

カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
 販売元: Apple — iTunes K.K.(サイズ: 114 MB)

支出管理 1.11(¥85)

カテゴリ: ファイナンス, 仕事効率化
 販売元: SHIBUYA Masanori — MASANORI SHIBUYA(サイズ: 2.9 MB)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA