2019年09月28日「マクセル アクアパーク品川」

何がきっかけになったか、ふと冬の水族館に行こうとなり。午後出かけることになった。

午前中、長女は習い事で不在だったのでリビングでマイペースで遊ぶ次女。
まだパン屋さんはやっていないらしく看板には「やてません」。

水族館は結構な混雑をしていたものの、タイミングよくペンギンショーを最前列で見ることが出来た。

飼育スタッフの方々の慣れたトークと共に登場したペンギン。動きがコミカルでとても可愛い。

ずっと見てられるなぁと愛でてたら、あっという間にショーが終わってしまった。

ペンギンの次はイルカを見たいね、ということで今度はスタジアムへ。まだ始まるまでに時間があったので、近くの売店で飲み物とスナックを購入したら小さな発見をした。
ストローがプラスチック製じゃなく紙製のものだった。写真は飲み口にフォーカスしたので見た目で分かる。
脱プラ製のストローが広がりつつあるニュースは目にしていたが、紙のストローで飲むのは今回が初めて。最後の方は飲み口ら辺が少し湿り気が強くなりすぎた感じがして違和感はあったものの、今後はこのタイプが主流になっていくんだろうか。

イルカショーはナイトバージョンのもので、とにかくすごいピカピカ、チカチカと目まぐるしい光の中でイルカのパフォーマンスは見応えがあった。イルカは眩しくないんだろうか、とよくわからない心配もしつつ、色味がクリスチャン・ラッセンの絵画のように紫色が混じった幻想的なものだった。上の写真がその印象に一番近く撮れたもの。

ペンギンとイルカを見たら子供達はもうすでにお腹いっぱいな感じだったのでその後は駆け足になってしまったが、個人的にはアクアジャングルにいたイグアナの造形がたまらなかった。とても薄暗かったので写真はNeewer F1.2のマニュアルレンズ開放で撮ってみたらちょっとホワっとした写りになってしまった。


撮影カメラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA