2020年09月19〜20日「富士河口湖旅行#2」

翌朝。

キャビンでコーヒーをいただく。
昨日から雲も多いので富士山を見ることはなかなか難しいのだけれど、それでも空気は澄んでいて、河口湖を眺めながら雲の向こうに富士山の雰囲気を感じつつコーヒー飲んでるだけでHPが回復されていく。

今回の旅行は基本的に部屋で食事を済ませられるように予約をしておいた。朝食もなかなかにイケていて、子供達だけでなく大人もテンションの上がるものだった。

美味しいだけでなく、一つ一つを丁寧にいただける工夫というか仕掛けになっていて、日々空腹を満たすためだけの食事ばかりになっていたなぁ、と痛感。

今回のような旅行でだけでなく、普段の食事でも時々こういう特別感を感じられるようなゆったりと時間を使って食事できるような機会を作ってみるのは大事だねと妻と話しつつ朝食を終えた。

うっすらと見える富士山。
くっきりすっきりと見える富士山もさぞ綺麗なんだろうな、と想像しつつ、厳かさを感じるこういう富士山もいいのではないかと眺めながら思う。

朝食を終えて、あとはチェックアウトまで自由時間でゆっくりしようと前日チェックイン後の各種説明を受けたクラウドテラスに行ってみる。

小雨が降っている中でタープを張ってくれているところがあるのでそこに座り、コーヒーをもういっぱい入れてKindle読書を満喫。
子供達はテラスのあちこち気になるところを散策しに行ったり、テラスの建物にある本を眺めたりと興味津々で楽しそうにしている。

静かで読書も捗るし、なにより今回運が良いなと思ったのは小雨が降っていたこと。
寒くないし、シトシトと雨が降っている感じがなんとも心を落ち着けてくれる。旅行といえば色々あちこち動き回るのも刺激的で楽しいけれど、こういう時間の使い方も贅沢で貴重なものだなと思う。

本当に絶妙な小雨だった。
もう少し雨が強かったらタープの下でのんびりと読書もままならなかったんじゃないかな。。

十分HPを回復させて荷物を整理しようと部屋に戻る途中も楽しい時間だった。フロントとレストランが入っている建物は佇まいを眺めるだけでも雰囲気がある。所々立ち止まっては写真を撮るのも楽しかった。

チェックアウト後、河口湖で家族全員でカヌー体験をしてみてこれまた面白かった。
家族で声を出して協力しないと思い通りに動かなくて、ボートの波をやり過ごすときに妻と次女が結構テンパってしまいがちなところを、長女がパドルをどう漕いだらいいのかを冷静に声出ししながら対応しているのは素直に感心した。

さて、次はいつまた旅行に行けるだろうか。
近場でもいいから、迷惑をかけない形で、身も心もリフレッシュできるようなイベントは企画していきたい。


撮影カメラ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA