Microsoftの偉大な10の“革新”

“ITmedia AnchorDesk”

Microsoftの偉大な10の“革新”

Microsoftが生み出した革新は技術のそれではなく事業戦略でした,という話です.

ちなみに10のどんな優れた事業戦略革新なんでしょうか.

1.ハードではなくソフト

2.Officeスイート

3.OSアクセスの厳しい統制

4.デベロッパー,デベロッパー,デベロッパー

5.無名企業の買収

6.FUD

7.ライバルをOSの機能に変える

8.取り込んで拡張

9.月例パッチ

10.うちの新製品はすごい.駄目な古いバージョンとは違う

詳細は↑のリンクからどうぞ.

それぞれの説明文がアイロニーでウィットに富んだ表現で楽しませてくれます◎

今の日本の企業もこれくらいの図太さを持ってほしいもんです…

RICOH Candid Photo Project

ちょっと前の話になるけれど,リコーが写真にまつわる新プロジェクトをスタートしたみたいです.

“RICOH Candid Photo Project”

写真を通じた文化的な交流でコミュニケーションを行っていくプロジェクト

リコーは,デジタルカメラ事業の基本コンセプトを「撮影領域の拡大」として,時間的・空間的な制約を超えて,いつでもどこでも手軽に写真を楽しみ,活用していただきたいと考えています.この考えをもとに,「カメラを持ち歩き,気軽に撮影した写真を大切にして,楽しむ」ことを「Candid Photo文化」と位置付け,そのための道具としてのカメラのご提供をはじめ,各種フォトコンテスト,横浜美術館における写真展「photoGRaph100」,京都造形芸術大学との共催による写真展「photoGRaph100 in KYOTO」などの芸術・文化支援活動を行ってまいりました.

 今回これらの活動をさらに推進していくために「RICOH Candid Photo Project」を掲げ,カメラの進化や芸術・文化活動などに加え,新たな撮影方法,表現方法の探求やコミュニケーションにチャレンジしていくことを目指していきます.

その第一弾として,株式会社リコーとShiodomeitaliaクリエイティブ・センターのパートナーであるデザイン専門大学研究機関ドムス・アカデミーは,「その“瞬間”が世界をつなぐ」をコンセプトとした写真の新たな撮影/表現方法を探求する共同研究プログラムをスタートいたします. ドムス・アカデミーは,さまざまなデザインの過程で使う多くの写真が「Candid Photo」であることから,これらの写真を研究対象として注目しました.ドムス・アカデミーのデザイン研究のノウハウを生かして,リコーとドムス・アカデミーは,写真の新たな可能性を世界に発信していきたいと考えています.

カメラを構えるときは,無意識のうちに撮った後の楽しみを想像してフレーミングしています.

DSC_0430.JPG

Nikon D40,SIGMA 30mm F1.4(F2.8,SS1/250)

家族を撮るとき,恋人を撮るとき,風景を撮るとき,さまざまな撮影シーンで,自分の中の,被写体の中の幸せのひとときを収めるためにシャッターを切ります.

というわけで,早く気持ちの良い天気になってほしいもんです◎