EP-801Aの修理引き取り

DSC_4020.JPG

我が家の複合機がお亡くなりに。。。Mylifelog

7月に我が家の複合機EP-801Aがお亡くなりになり、延ばし延ばしになっていたサポート問合せを済ませました。

購入は2008年10月。

まだ1年経っていないので無償修理になります。

サポートの対応はスムーズで、気持ちよく手続きを終えることができました◎

本日、EP-801Aが引き取られていきました。

引越しの際に保証書が行方不明にならなくて本当に良かった。。。

PoGoの使い方

DSC_2840.JPG

二人で暮らすようになって、作った料理を記録に残すようになりました。

GR DIGITALで撮影、そのままUSBでGRとPoGoを結線して写真を出力。

DSC_3165.JPG

PoGoで出力した写真の裏側はシールになっているのでそれをmoleskinに貼り付けます。

横幅もあつらえたかのようにジャストサイズ!!

下の余白に使用したものを書き込んで食費管理をしています。

金銭の出納は日々の習慣になっていますが、食費の細かいところは見れていませんでした。

食費だけでなく、おかずのバリエーションを振返る良いきっかけにもなりそうです。

たいした手間にもならないので今後も続けていけそうな感じ◎

これを始めてから、PoGoの使い道アイディアがどんどん沸いてきています◎

印刷面の裏側がシールなのがポイントですね。

整理整頓にも使えそうなので、また紹介できたらと思います。

ScanSnapで雑誌を捨てられるようにする

引越しの準備を少しずつでもしないとなぁなんて考えつつ、どんどん時間を浪費してしまっている気がします。

溜まった雑誌などの紙媒体のものをただ捨てるのではなく、使える部分は場所をとらないように保管して、なおかつ活用できる余地を残した攻めの姿勢で整理していこうと思い立ち、ScanSnapを導入しました。

DSC_2192.JPG

当面は雑誌の気になる部分を電子化できたらと思っていたので、用意したのはカッターとペーパーナイフ。

まずは手始めにムックの電子化から。


“Mac OS X 10.5 Leopard Perfect Guide (アスキームック MacPeople MOOK 21)” (マックピープル編集部)

当時勢いで買ってみて、時々見ることはあるけれども、そんな動機で買った雑誌はたくさんあって場所を取るのでとりあえず電子化して捨てることにしました。ムックということもあって綴じの形式は背が平らな無線綴じというもの。

文具王のScanSnap徹底活用術「第1回」でも触れられている通り無線綴じには裁断機が便利とありましたが、蔵書もそんなに多くないのでとりあえずカッターと金属定規で作業です。裁断機のように一瞬出終わることはないけれど、慣れればこの作業自体そんなに時間をかけずに済ませられます。

実際にやってみると、スキャンの時間を入れても思っていたより時間はかかりませんでした(裁断してスキャン完了まで20分くらい)。

スキャンもかなり高速で、雑誌のようにバラバラにする手間がなければサクサクッと電子化できそうです。

http://www.flickr.com/apps/video/stewart.swf?v=67090

現状、電子化したものはiPhotoに登録されるように設定しておき、そこからScanSnapというイベントを作成してスキャンしたものはそのイベントで一括で管理しています。細かい分類(雑誌単位の分類等)はキーワードを使って、スマートアルバムが作成しやすいようにしています。

もともとiPhone/iPod touchでスキャンデータを持ち運べることを期待してScanSnapを導入したので、暇を見つけては必要そうなものをどんどん電子化して、引っ越し時に少しでも紙媒体の荷物を減らせるようにしたいと思います◎

iPhotoライブラリに手こずる

ScanSnapを活用するにあたって、プライベート写真と分けて動作速度を確保するためにiPhotoのライブラリを別途新規作成してみました。

Optionを押しながらiPhotoを起動するとダイアログが出てきて「ライブラリを新規作成」か「ライブラリを選択」するか問われ、複数のライブラリを扱うことができるようになります。

iPhotoライブラリオプション起動画面

iPhoto新規ライブラリ画面

最後に選択したライブラリが起動情報として記憶されるようで、再びOptionを押しながらiPhotoを起動しないとライブラリを切り替えることができません。

結局この仕様(?)で、iPod touch/iPhoneとの同期があいまいになってしまうのが運用上問題になって、ライブラリを分けて管理することは断念しました。

ライブラリを分けるとiPod touch/iPhoneの写真同期先が見つからなくなるのは厳しいですね。。。

iTunesの写真ライブラリ選択画面

何か良い方法があるのかもしれませんが、ボクは色々試してみたもののうまく設定することができませんでした。

従来のライブラリでScanSnapデータを扱っていくのはキーワードなんかでうまく運用すれば全然問題無いけれど、現状の1万枚くらいでスクロールがもたついてしまっているので、スマートアルバムも駆使して閲覧しやすさを改善していきたいと思います。アルバムで色々な切り口を作っておけばiPod touch/iPhoneにも同期しやすいですもんね◎