fitbit Charge HRファームウェアアップデートで時計としての使い勝手がアップ

fitbit社の心拍計・活動量計のfitbit Charge HR、主用途がかなり特殊ではありますが、目覚まし機能で主に活躍中です。

もちろんほぼ毎日装着しているので、日々の活動ログも着々と蓄積されています。

概ね満足して使っているのですが、不満がないわけではありません。

いくつかある不満のうちの一つがここ最近のファームウェアアップデートで解消されたので嬉しさの勢い余って今回の記事です◎

使ってみて感じたfitbit Charge HRのちょっとした不満

購入してから2ヶ月、ほぼ毎日装着していて2つのちょっとした不満が出てきました。

  • バッテリーが言うほど持たない
  • 時刻を確認したいときに両手を使うしかない

バッテリーが言うほど持たない

バッテリーの持続時間は公称値は約5日となっていますが、だいたい3日くらいしか持ちません。で、設定を確認してみると、fitbitアプリ起動中はバックグラウンド同期をしてくれる終日同期という設定がONになっていました。

この設定がデフォルトでどっちになってたか覚えがありませんが、OFFにしていると1日弱延命できて4日前後になり公称値に近づき少しマシになりました。fitbitアプリ起動すれば勝手に同期がはじまるので問題なしと判断しOFFで運用することにしました。

時刻を確認したいときに両手を使うしかない

fitbit Charge HRは腕時計タイプのウェアラブルデバイスとなので、ついつい時間を確認しようと腕をひねってしまうことがありました。

ただ、fitbit Charge HRは本体側面のボタンを押すか、タップジェスチャーといって盤面をトントンと2回叩かないと点灯させることができません。つまり両手を使わないと盤面を点灯させることができません。

Apple WatchやAndroid Wareは手首の動きで画面を確認できるので、fitbitユーザーには少しだけ羨ましく感じていました。

ファームウェアアップデート(ver.18.84)で不満一部解消

そんな不満の一部が本体のファームウェアアップデート(ver.18.84)で解消されました。

いくつかの更新があったのですが(詳細は記事末尾のリンクを参照)、中でも一番熱かったのは不満をピンポイントで解消してくれるQuick View機能です。

抜粋すると、

クイック・ビューでは、Charge HRで時間を確認するために手を空かす必要がありません。 ボタンを押す代わりに、手首を少し手前に回せば時間が数秒で表示されます。 クイック・ビューは、ウェブのダッシュボードの[設定] > デバイスの下で有効にすることができます。

今まで両手を使わないと盤面が確認できませんでしたが、手首をひねるだけで盤面を点灯させることができるようになりました。

https://instagram.com/p/4ZIwL3nBmQ/

この動画はこのアップデートがあったとき、余りにも嬉しくてInstagramにアップしたものです笑

Apple WatchやAndroid Wareで実用的だったで搭載してくれたのでしょうか。fitbitは活動量計ですから、アクティビティを把握するためのセンサーは当然入っているはずなのでやれないことはなかったのでしょう。

どちらにしてもユーザーにはありがたいことです◎

さいごに

使いはじめて2ヶ月ほどになりますが、概ね満足して使っていたfitbit Charge HRのちょっとイケてない部分が解消されて満足度がさらにアップしました。

夏になってさらに梅雨で湿度も高いですが、想像しているほど装着している腕の部分も蒸れることなく日々ストレスなく装着できています。

ちなみにfitbitのファームウェアアップデートはfitbitアプリ経由で行われるので楽ちんです◎


“Help article: 最新のデバイスアップデートでは何が変更されましたか?”

Fitbit Charge HR™ ワイヤレス心拍計・活動量計リストバンド


【日本正規代理店品】Fitbit ワイヤレス活動量計+心拍計リストバンド ChargeHR Large Black FB405BKL-JPN

posted with カエレバ

Fitbit 2015–04–24

Amazonで見る

楽天市場で見る


【日本正規代理店品】Fitbit ワイヤレス活動量計+睡眠計リストバンド Charge Large Black FB404BKL-JPN

posted with カエレバ

Fitbit 2015–04–24

Amazonで見る

楽天市場で見る

Fitbit

Fitbit

無料

(2015.05.18時点)

Fitbit, Inc.

posted with ポチレバ

Apple Watchではなくfitbit Charge HRをチョイスしたワケ

最近腕時計タイプのウェアラブルデバイスを身に付けるようになりました。

しかし着けてるのは世間を賑わしているApple Watchではなくfitbit Charge HRというものです。

Apple Watchが気にならなかったわけではありませんが、自分の中で重視したいポイントがあって、それがfitbit Charge HRで満たせそうだったのでこれをチョイスしました。

ウエアラブルデバイスで重視したポイント

image

ずばり目覚まし機能です。

全てはこの機能が快適に利用できるかどうかで探しました。

普段寝るときは家族四人で川の字になって寝ます。

子供の寝顔を見ながら寝ると「明日も頑張ろう!」という大きなパワーをもらえるので、なるべく家族一緒に寝ます。

ただ、問題がないわけではありません。

一人の時間を作るために家族より先に起床したいのですが、目覚ましで音を出すと当然ながら嫌がられます。

かといって携帯のバイブだけだと気づかずに起きられないこともあるし、そもそも布団の上でブーブーいってるので早く気づかないと先に家族が目覚めてしまいます。

家族と同じ部屋で寝つつ、起床時は家族に迷惑をかけず一人でひっそりと起きることができる。

こんな要望を満たしてくれるデバイス探しが続きました。

fitbit Charge HRにしたワケ

image

Webで色々とリサーチした結果、装着しやすくてアラームで確実に振動が伝わる腕時計タイプに絞り込まれました。

それならApple Watchとなりそうですが、バッテリが最大1日しかもたないということもあり、充電のタイミングにもよるけど一晩中装着して寝るのは現実的ではありません。

筐体も時計然としてるので寝相の悪い子供に接触すると痛そうです。

他に候補に挙がったのはUPとfitbit。

UPはデザインが良くて装着しっぱなしという使い方も問題なさそうなのですが、調べれば調べるほど壊れたというレビューが見つかります…

日常的に使うものなのでなるべく故障が少ない方が良いに決まっているので残念ながらNG。 で、fitbitはどうなんだとレビューや最近の動向を追いかけてたらApple Watchと同じタイミングでfitbit Charge HRが日本で正式に取り扱われるとニュースがありました。

これがもう完全にドストライク。

image

心拍計が付いているけど最大5日バッテリが持続し、デザインもスッキリしています。何よりも注目すべきは自動睡眠監視+アラーム機能。手動でモードを切り替えることなく睡眠監視してくれます。

心拍計がなければfitbit Chargeというモデルでさらにバッテリが長持ちしてお求めやすいモデルもあるのですが、最近運動不足気味で痩せろという指令も出ているので今後の為に心拍や活動量も把握できてたらいいなぁ、という欲も出てしまいました。

というわけで、Apple Watchに何の未練も持つことなく、fitbit Chargeでもなく心拍計付きのfitbit Charge HRを選ぶことに。

実際にfitbit Charge HRを使ってみて

image

まずiPhoneと連携させる必要がありますが、専用アプリを起ち上げて充電したfitbitの電源を入れるだけのお手軽さです。

アプリ内のマニュアルが親切なのでここでつまづくことはあまりないと思います。

使いはじめて2週間位になりますが、だいたい3,4日に1回充電しています。充電時間は1〜2時間なので、お風呂に入ったりキッチンで水回りのことやってる間に充電しておけば問題ない感じです。

寝るときも装着して横になるだけなので手間もなく、目覚まし時ははっきりと分かるバイブレーションを腕に伝えてくれて、気づかなかったなんてことは今のところありません。

image

アラームは専用アプリから追加でき、時間と繰り返しを設定できます。

fitbitは活動量計なので、目覚まし機能はたくさんある機能のうちの1つだからもったいない気もするけど、食事と体重以外の諸々のログは装着してるだけでどんどん蓄積されます。ちなみに独自技術による心拍計により装着中自動的に計測されるそうです。

あともう1ヶ月くらい使い続けたらこれらのデータは意味のあるものになってくるでしょう。

そうなれば活動量計として本来の役割も担った形でfitbitを活用できるかもしれないと淡い期待を抱いています。

さいごに

目覚まし機能第一だったので本記事でも大して触れませんでしたが、さすが累計2000万個売れてるフィットネス・ウェアラブル市場のリーダーだけあってスマデバとの連携もしっかりしているし、諸々のアクティビティデータだけでなく食事の記録も日本向けデータベースが用意されているので検索の手間さえ惜しまなければしっかりと記録できます。

また、こうやって蓄積したデータはWebからのアクセスも容易です。

あえてApple Watchではなくfitbit Charge HRを選んで、もしかして後悔するかも!?と思ったけど今のところとても満足しています。

今後さらにデータが蓄積されることによって目覚し以外でも活用の幅が広がっていきそうなので今から楽しみです。


Fitbit Charge HR™ ワイヤレス心拍計・活動量計リストバンド


【日本正規代理店品】Fitbit ワイヤレス活動量計+心拍計リストバンド ChargeHR Large Black FB405BKL-JPN

posted with カエレバ

Fitbit 2015–04–24

Amazonで見る

楽天市場で見る


【日本正規代理店品】Fitbit ワイヤレス活動量計+睡眠計リストバンド Charge Large Black FB404BKL-JPN

posted with カエレバ

Fitbit 2015–04–24

Amazonで見る

楽天市場で見る

Fitbit

Fitbit

無料

(2015.05.18時点)

Fitbit, Inc.

posted with ポチレバ

Honda F1撤退

本日、Hondaが2008年をもってF1レース活動から撤退するとのリリースが出されました。

F1レース活動について本田技研工業株式会社

来シーズンのドライバーが未発表のままだったり、中本修平氏が2輪畑に異動になるなど少し前から雲行きが怪しいなぁと心配していたら、撤退の噂が広まって...

まさか本当にリリースが出るとは思いませんでした。

2009年はロス・ブラウンの手腕が十二分に発揮されるであろうと期待していたし、久しぶりに鈴鹿で日本GPが開催されるから絶対に応援に行こうと思っていたし、とにかく「来年こそはやってくれる!!」と思っていた矢先の出来事で本当に残念です。

「金融危機という外的な要因から実体経済の急速な後退が進み、Hondaを取り巻くビジネス環境が急速に悪化した」というのが今回の撤退の主な理由ですが、やはり2004年以降の成績不振もその一因だったのではないでしょうか。

2007年富士の日本GPに懲り懲りで2008年は観戦に行かなかったことを本当に後悔しています。

Honda撤退後の気になる動向と言えば2つ。

1.J.バトンの去就

2.鈴鹿でのGP開催

現段階でこの2つについては話が進んでいるそうです。

J.バトンについてはすでに来シーズンの契約を済ませていたので現在は契約解除の交渉をしているとか。

鈴鹿は主であるHonda抜きで開催されるとか。モトGPやインディカーは引き続き参戦をするそうです。

DSC_1763.JPG

今の経済不安から立ち直るには時間がかかると思うし、そこからさらに再参入するというのはもっと難しいことだとは思いますが、いちHondaファンとして辛抱強く待っています。

またあのHondaミュージックを聴かせてくれることを心から待ち望んでいます。

鈴鹿サーキット,2009年に本GP概要発表


#懐かしのレッドブルガール!!

2009年日本GP開催地である鈴鹿サーキットを運営する(株)モビリティランドが開催概要を発表したみたいです.

2009年日本GP鈴鹿サーキット

1987年から2006年までの20年開催してきた鈴鹿サーキットが3年ぶりに日本GPを開催するということで,総額200億円あまりを投じてサーキットの改修をしているそうです.

主な改修内容は,安全性の向上,ピットやパドック,グランドスタンドの一新とのこと.

決勝レースは2009年10月4日(日)で,すべてを指定席券にするそうです◎

個人的にこの判断は大賛成!!

学生時代のように時間を自由に使っていた頃に比べると,場所を確保するためだけにとんでもなく早い時間から開場を待つというのは社会人になってからはやっぱり辛いです.

鈴鹿の日本GPの風物詩と言われている場所取りが無くなるのを残念がる人もいるかもしれないけれど,もともと禁止されていた行為だし,運営側も考えてくれていて,一番安い観戦券は2006年以前の自由席レベル(11,000円)に留めてくれるみたいです◎

来年は彼女とチケット二枚分確保しなくてはいけません!!

チケット販売は3月末からとのこと.

来年はHondaが復活してくれることを願いつつ,今はストーブリーグを楽しみたいと思います◎