fitbit Charge HRファームウェアアップデートで時計としての使い勝手がアップ

fitbit社の心拍計・活動量計のfitbit Charge HR、主用途がかなり特殊ではありますが、目覚まし機能で主に活躍中です。

もちろんほぼ毎日装着しているので、日々の活動ログも着々と蓄積されています。

概ね満足して使っているのですが、不満がないわけではありません。

いくつかある不満のうちの一つがここ最近のファームウェアアップデートで解消されたので嬉しさの勢い余って今回の記事です◎

使ってみて感じたfitbit Charge HRのちょっとした不満

購入してから2ヶ月、ほぼ毎日装着していて2つのちょっとした不満が出てきました。

  • バッテリーが言うほど持たない
  • 時刻を確認したいときに両手を使うしかない

バッテリーが言うほど持たない

バッテリーの持続時間は公称値は約5日となっていますが、だいたい3日くらいしか持ちません。で、設定を確認してみると、fitbitアプリ起動中はバックグラウンド同期をしてくれる終日同期という設定がONになっていました。

この設定がデフォルトでどっちになってたか覚えがありませんが、OFFにしていると1日弱延命できて4日前後になり公称値に近づき少しマシになりました。fitbitアプリ起動すれば勝手に同期がはじまるので問題なしと判断しOFFで運用することにしました。

時刻を確認したいときに両手を使うしかない

fitbit Charge HRは腕時計タイプのウェアラブルデバイスとなので、ついつい時間を確認しようと腕をひねってしまうことがありました。

ただ、fitbit Charge HRは本体側面のボタンを押すか、タップジェスチャーといって盤面をトントンと2回叩かないと点灯させることができません。つまり両手を使わないと盤面を点灯させることができません。

Apple WatchやAndroid Wareは手首の動きで画面を確認できるので、fitbitユーザーには少しだけ羨ましく感じていました。

ファームウェアアップデート(ver.18.84)で不満一部解消

そんな不満の一部が本体のファームウェアアップデート(ver.18.84)で解消されました。

いくつかの更新があったのですが(詳細は記事末尾のリンクを参照)、中でも一番熱かったのは不満をピンポイントで解消してくれるQuick View機能です。

抜粋すると、

クイック・ビューでは、Charge HRで時間を確認するために手を空かす必要がありません。 ボタンを押す代わりに、手首を少し手前に回せば時間が数秒で表示されます。 クイック・ビューは、ウェブのダッシュボードの[設定] > デバイスの下で有効にすることができます。

今まで両手を使わないと盤面が確認できませんでしたが、手首をひねるだけで盤面を点灯させることができるようになりました。

https://instagram.com/p/4ZIwL3nBmQ/

この動画はこのアップデートがあったとき、余りにも嬉しくてInstagramにアップしたものです笑

Apple WatchやAndroid Wareで実用的だったで搭載してくれたのでしょうか。fitbitは活動量計ですから、アクティビティを把握するためのセンサーは当然入っているはずなのでやれないことはなかったのでしょう。

どちらにしてもユーザーにはありがたいことです◎

さいごに

使いはじめて2ヶ月ほどになりますが、概ね満足して使っていたfitbit Charge HRのちょっとイケてない部分が解消されて満足度がさらにアップしました。

夏になってさらに梅雨で湿度も高いですが、想像しているほど装着している腕の部分も蒸れることなく日々ストレスなく装着できています。

ちなみにfitbitのファームウェアアップデートはfitbitアプリ経由で行われるので楽ちんです◎


“Help article: 最新のデバイスアップデートでは何が変更されましたか?”

Fitbit Charge HR™ ワイヤレス心拍計・活動量計リストバンド


【日本正規代理店品】Fitbit ワイヤレス活動量計+心拍計リストバンド ChargeHR Large Black FB405BKL-JPN

posted with カエレバ

Fitbit 2015–04–24

Amazonで見る

楽天市場で見る


【日本正規代理店品】Fitbit ワイヤレス活動量計+睡眠計リストバンド Charge Large Black FB404BKL-JPN

posted with カエレバ

Fitbit 2015–04–24

Amazonで見る

楽天市場で見る

Fitbit

Fitbit

無料

(2015.05.18時点)

Fitbit, Inc.

posted with ポチレバ

Apple Watchではなくfitbit Charge HRをチョイスしたワケ

最近腕時計タイプのウェアラブルデバイスを身に付けるようになりました。

しかし着けてるのは世間を賑わしているApple Watchではなくfitbit Charge HRというものです。

Apple Watchが気にならなかったわけではありませんが、自分の中で重視したいポイントがあって、それがfitbit Charge HRで満たせそうだったのでこれをチョイスしました。

ウエアラブルデバイスで重視したポイント

image

ずばり目覚まし機能です。

全てはこの機能が快適に利用できるかどうかで探しました。

普段寝るときは家族四人で川の字になって寝ます。

子供の寝顔を見ながら寝ると「明日も頑張ろう!」という大きなパワーをもらえるので、なるべく家族一緒に寝ます。

ただ、問題がないわけではありません。

一人の時間を作るために家族より先に起床したいのですが、目覚ましで音を出すと当然ながら嫌がられます。

かといって携帯のバイブだけだと気づかずに起きられないこともあるし、そもそも布団の上でブーブーいってるので早く気づかないと先に家族が目覚めてしまいます。

家族と同じ部屋で寝つつ、起床時は家族に迷惑をかけず一人でひっそりと起きることができる。

こんな要望を満たしてくれるデバイス探しが続きました。

fitbit Charge HRにしたワケ

image

Webで色々とリサーチした結果、装着しやすくてアラームで確実に振動が伝わる腕時計タイプに絞り込まれました。

それならApple Watchとなりそうですが、バッテリが最大1日しかもたないということもあり、充電のタイミングにもよるけど一晩中装着して寝るのは現実的ではありません。

筐体も時計然としてるので寝相の悪い子供に接触すると痛そうです。

他に候補に挙がったのはUPとfitbit。

UPはデザインが良くて装着しっぱなしという使い方も問題なさそうなのですが、調べれば調べるほど壊れたというレビューが見つかります…

日常的に使うものなのでなるべく故障が少ない方が良いに決まっているので残念ながらNG。 で、fitbitはどうなんだとレビューや最近の動向を追いかけてたらApple Watchと同じタイミングでfitbit Charge HRが日本で正式に取り扱われるとニュースがありました。

これがもう完全にドストライク。

image

心拍計が付いているけど最大5日バッテリが持続し、デザインもスッキリしています。何よりも注目すべきは自動睡眠監視+アラーム機能。手動でモードを切り替えることなく睡眠監視してくれます。

心拍計がなければfitbit Chargeというモデルでさらにバッテリが長持ちしてお求めやすいモデルもあるのですが、最近運動不足気味で痩せろという指令も出ているので今後の為に心拍や活動量も把握できてたらいいなぁ、という欲も出てしまいました。

というわけで、Apple Watchに何の未練も持つことなく、fitbit Chargeでもなく心拍計付きのfitbit Charge HRを選ぶことに。

実際にfitbit Charge HRを使ってみて

image

まずiPhoneと連携させる必要がありますが、専用アプリを起ち上げて充電したfitbitの電源を入れるだけのお手軽さです。

アプリ内のマニュアルが親切なのでここでつまづくことはあまりないと思います。

使いはじめて2週間位になりますが、だいたい3,4日に1回充電しています。充電時間は1〜2時間なので、お風呂に入ったりキッチンで水回りのことやってる間に充電しておけば問題ない感じです。

寝るときも装着して横になるだけなので手間もなく、目覚まし時ははっきりと分かるバイブレーションを腕に伝えてくれて、気づかなかったなんてことは今のところありません。

image

アラームは専用アプリから追加でき、時間と繰り返しを設定できます。

fitbitは活動量計なので、目覚まし機能はたくさんある機能のうちの1つだからもったいない気もするけど、食事と体重以外の諸々のログは装着してるだけでどんどん蓄積されます。ちなみに独自技術による心拍計により装着中自動的に計測されるそうです。

あともう1ヶ月くらい使い続けたらこれらのデータは意味のあるものになってくるでしょう。

そうなれば活動量計として本来の役割も担った形でfitbitを活用できるかもしれないと淡い期待を抱いています。

さいごに

目覚まし機能第一だったので本記事でも大して触れませんでしたが、さすが累計2000万個売れてるフィットネス・ウェアラブル市場のリーダーだけあってスマデバとの連携もしっかりしているし、諸々のアクティビティデータだけでなく食事の記録も日本向けデータベースが用意されているので検索の手間さえ惜しまなければしっかりと記録できます。

また、こうやって蓄積したデータはWebからのアクセスも容易です。

あえてApple Watchではなくfitbit Charge HRを選んで、もしかして後悔するかも!?と思ったけど今のところとても満足しています。

今後さらにデータが蓄積されることによって目覚し以外でも活用の幅が広がっていきそうなので今から楽しみです。


Fitbit Charge HR™ ワイヤレス心拍計・活動量計リストバンド


【日本正規代理店品】Fitbit ワイヤレス活動量計+心拍計リストバンド ChargeHR Large Black FB405BKL-JPN

posted with カエレバ

Fitbit 2015–04–24

Amazonで見る

楽天市場で見る


【日本正規代理店品】Fitbit ワイヤレス活動量計+睡眠計リストバンド Charge Large Black FB404BKL-JPN

posted with カエレバ

Fitbit 2015–04–24

Amazonで見る

楽天市場で見る

Fitbit

Fitbit

無料

(2015.05.18時点)

Fitbit, Inc.

posted with ポチレバ

iPhone 6 Plusで快適利用できるようにカーオーディオ環境を刷新

iPhone 6 Plusに機種変更して、今まで使っていた車載スタンドがKenu Airframe Car Mountが使えなくなってしまいました。

Kenu Airframeは形もシンプルだしエアコンの吹出口に装着できて気に入ってただけにショックが大きかったのですが、ほどなく6 Plusに対応したKenu Airframe+が出たのでこれに置き換えました。

また、なるべくシンプルな接続構成にしたかったのでFMトランスミッターもBluetooth接続タイプのものに変更しちゃいました。

大きくなりすぎてマウントできなくなったiPhone 6 Plus

説明書とKenu Airframe+

iPhone 5からiPhone 6 Plusでサイズは二回りくらい大きくなったこともあり、Kenu Airframeで6 Plusをマウントできなくなってしまいました。

裸だと少し斜めに固定してかろうじて挟めるくらいでちょっと純正革ケースを装着すると完全にアウト。

このシンプルさを気に入っていたのでがっかり感が半端無かったのですがはさめないものは仕方ない。

しばらくは別のスタンドで代用していました。

でもやっぱりKenu Airframeのシンプルさが恋しくなり、調べてみたらKenu Airframeのファブレット対応モデルが出ていることがわかりました。当時はまだ海外のニュースサイトで紹介されたりしてくらいで国内での取り扱いは輸入代行業者に頼むか、楽天で割高に取り扱いされてるものを購入するかのどちらか。

ここはおとなしく正規に国内で取り扱うまで待つことにしました。

iPhone 6 Plusにも対応したKenu Airframe+を導入

iPhone 6 Plusにはさんだ状態

iPhone 6 PlusやNexus 6のような5インチ超クラスのスマホ以上タブレット未満(ファブレット)デバイスに対応しているこのスタンドは「Kenu Airframe+ Car Mount for Phablets」と、なんともわかりやすいネーミング。

写真や動画を見た感じ見た目も使い勝手も変わらなさそうな感じ。

構造は前と変わらずエアコン吹出口に装着するタイプのスタンドなので、吹出口の形状によってデバイスを安定させるのに工夫が必要なところも同じです。

エアコン吹出口への装着状態

我が家の場合、丸くてクルクル回るタイプの吹出口形状なのでiPhone 5よりもかなり重くなった6 Plusは安定させるのに少し工夫が必要で、段差を乗り越えたときや曲がったときにiPhoneがクルッと回転してしまうことがありました。

iPhoneの真ん中ちょい下くらいで挟めば回避できるのでさほど問題ではないですが、大きいデバイス特有の悩みと言えるでしょう。

もうちょっとケーブルを減らしてシンプルに

今回、iPhoneスタンドを変更するだけのつもりだったのですが、せっかくなのでもう少しシンプルにしようとFMトランスミッターとiPhoneもワイヤレスで接続できタイプにしてみようと考えました。

今まではオーディオテクニカのFMトランスミッターを使っていて、これはステレオミニプラグを使ってiPhoneと接続するタイプのものでした。

これをiPhoneとFMトランスミッターの接続をBluetoothにして、ケーブルを充電ケーブルのみにしちゃいます。

音はすべてワイヤレスで飛ばすので音質や安定性に不安はあったのですが、そこにある程度こだわったトランスミッター「J-Force Bluetooth FMトランスミッター JF-BTFMAXK」を発見しました。

AAC / aptX対応のBluetooth FMトランスミッター JF-BTFMAXKを導入

FMトランスミッター JF-BTFMAXK

JF-BTFMAXKはシガーソケット差し込みタイプで、コンパクトで形もシンプルだからシガーソケットから生えてるように見えます。

Bluetooth接続するデバイスを充電用USBポート(1A)も1つ備えていて、ナビ兼オーディオのiPhoneを充電することが可能です。さらにBluetoothの対応バージョンは4.0なので省電力対応だしiPhoneとの接続も簡単です。

周波数はプリセットが用意されていてそれをボタンで選択するタイプになります。

指定できる周波数は、「87.9/88.1/88.3/88.5/88.7/88.9MHz」の6種類で、各々の環境に合わせて周波数を設定しましょう。あとはカーオーディオのFMの周波数をトランスミッターで選択したものに合わせればオッケーです。

「iPhone←(Bluetooth)→JF-BTFMAXK←(FM)→カーオーディオ」という音の伝達方法なので心配になるのは音質ですが、冴えない自分の耳では劣化しているかどうかは判断できませんでした。遮音性の乏しい軽自動車ということもあるので、正しい評価は出来ないと思いますが、特に不満もなく普通に聴こえます。

あと、エンジンをかけると自動的にペアリングしてくれるのが何気に便利です◎

さいごに

iPhoneマウントとFMトランスミッターを新しくして、今まで以上にカーオーディオ環境がシンプルで快適になりました。

iPhoneをカーオーディオに使っている人はあまり多くないかもしれませんが音質よりもシンプルさにこだわりたい人にはオススメの構成です。

ひとまず車を買い換えることになるまではこの環境は続くかな。


iPhoneをシンプルスマートに車にマウントできる「Kenu Airframe Car Vent Mount」 | mylifelog

Kenu Airframe+ — Kenu

Bluetooth FMトランスミッターの最新機種 (JF-BTFMAXK)|製品案内|J-Force Powered by ForceMedia



Kenu エアフレーム+ 携帯スマートフォン/GPSカーマウント AF2-KK-NA

posted with カエレバ

KENU

Amazonで見る

楽天市場で見る


J-Force Bluetooth FMトランスミッター ( AAC / aptX対応 ) ブラック JF-BTFMAXK

posted with カエレバ

フォースメディア 2013–06–24

Amazonで見る

楽天市場で見る


Logitec ロジテック iPhone6 iPhone6 Plus 対応Lightningケーブル (Apple認証 Made for iPhone取得) カールコード 1m ブラック LHC-UALCRSBK

posted with カエレバ

ロジテック(エレコム) 2013–08–26

Amazonで見る

楽天市場で見る

iPad mini用キーボード決定版「Ultrathin Keyboard mini」

Ultrathin Keyboard miniが日本で取り扱いを開始したと同時にポチり、とうとう先日届きました。

数日間毎日使ってみて、当初懸念していたサイズの小ささも気にならないレベル。自分の手の大きさでも使いにくさを特に感じませんでした。

むしろこのサイズは懸念というよりはメリットの方が大きく、オリジナルiPadのUltrathin Keyboardよりも使用頻度が高くなりそうな予感です。

持ち運ぶならiPad miniというライフスタイル

オリジナルUltrathin Keyboardとの比較

ここ最近、普段出歩く時に持ち歩く電子でバイスはiPhoneとiPad miniです。

iPhoneは携帯電話だから常に携帯するとしても、その他で持ち運ぶならiPad mini一択という感じです。

よっぽど小さいカバンでなければiPad miniはコンパクトなのでかさばらないし、一人で出かける時も家族で出かける時もそれぞれの用途に十二分に対応してくれるので非常に重宝しています。

もはやライフスタイルの一部として定着してきました。

情報閲覧だけでなくアウトプットも積極的に

先述のようにiPad miniの用途は多彩です。

読書、写真閲覧、SNS、動画・映画鑑賞、お絵描き等、iPad miniでなんでもこなしてくれます。

これ以外の用途ではアウトプットとしてブログ投稿があって隙間時間にやることが多いのですが、iPad miniを手に入れてからは通勤中のちょっとした時間でもうまく使えるようになりました。

ただ、それ以外のシチュエーションでもアウトプット作業に腰を据えて使う時はもう少し生産性を上げたいと思うようになりました。

そこで今回のUltrathin Keyboard miniです。

前置きが長くなりました。

すでにその他たくさんのiPad mini対応キーボードが出回っている中でこれを待っていたのは2つの理由があります。

  • 液晶カバーを兼ねる質の高いカバー
  • 入力しやすいキーボード

Ultrathin Keyboard miniはこの2つの要求を見事に満たしてくれています。

コンパクトだけど使い勝手もなかなか、質感は抜群

ホームポジション指の感じ

Ultrathin Keyboardのキーピッチは16mm。

この数字を初めて見たとき、実用は厳しいかなぁ、というのが正直なところでした。

しかし上の写真で見てもらうと分かりますが、そこまで窮屈な印象を持たないかもしれません。

コンパクトなサイズながらもキー配置とサイズが配慮されていることもあってか、文字キーに関しては正方形以上のサイズを確保しています。

実際にホームポジションに手を置いた時は余裕すら感じられました。

もちろんキー配置の癖はありますが、このタイプのキーボードは様々なレビューでも言われているけど慣れの問題があります。

慣れは必要ではあるんだけど、我慢を強いらせることが少ない、というのはストレスを感じない重要なポイントかもしれません。

使ってみればキータッチも良好、オリジナルの時よりもサイズが小さいぶんたわみを感じづらいかもしれません。

勝手な想像としてキータッチが静かめな人だと打ちやすいのではないかと思いました。

各種ショートカットキー

さらにこのキーボードの良いところとしてショートカットも豊富で便利というのがあります。いくつか挙げてみると以下のような感じ。

  • ホームボタンもキーボードでOK
  • ソフトウェアキーボード表示切替ショートカットは顔文字、定型文入力時に役立つ
  • ホーム画面の検索やSiriもショートカットで呼び出せる
  • 音楽のコントロールもショートカットで可能(他アプリのコントロールでも使える)

ソフトウェアキーボード表示切替はこのTipsを実践している人には特にありがたいかもしれません。

iOS6で、辞書登録が簡単に得切るようになりました。顔文字ユーザーは必見! | AppBank

カバーとしての質感

もちろん液晶面を守るカバーとしての役割も果たすし、その質感も高いです。この写真で上手く伝わるだろうか。。。

さいごに

ここ最近のiOSデバイス関連アクセサリではこのUltrathin Keyboard miniは文句無しで一番満足度が高いです。

iPad miniをヘビーに使っている人は是非使っていただきたい一品と言えるでしょう◎


【送料無料】 【04/24発売予定】 Logicool TM710BK Ultrathin Keyboard mini (ウルトラスリムキーボード ミニ/Bluetooth/英語60キー/パンタグラフ/ブラック)

posted with カエレバ

ソフマップ楽天市場店

楽天市場で見る

Amazonで見る


【送料無料】 【04/24発売予定】 Logicool TM710WH Ultrathin Keyboard mini (ウルトラスリムキーボード ミニ/Bluetooth/英語60キー/パンタグラフ/ホワイト)

posted with カエレバ

ソフマップ楽天市場店

楽天市場で見る

Amazonで見る


ロジクール ロジクール ウルトラスリム キーボードカバー TK710 TK710

posted with カエレバ

ロジクール 2012–06–29

Amazonで見る

楽天市場で見る


LOGICOOL ウルトラスリム キーボードカバー TK710WH

posted with カエレバ

ロジクール 2012–11–14

Amazonで見る

楽天市場で見る

iPhoneとiPadの良き友、Bluetoothキーボード


Bluetoothキーボードを購入しました。

折りたたみワイヤレスキーボード Rboard for Keitai BluetoothREUDO WEB SITE

購入したのはREUDOのRboardシリーズ「RBK-2000BTII」です。

現在ではこの後継機にあたる2000BT3(Windows用USキー配列)の発売が予定され、2000BTJ(Windows用日本語キー配列)と2000BTi(Mac用USキー配列)も新しく出ているようです。

ビックリするほど快適に文字入力ができます。

マルチペアリングに対応しているので、iPhoneでもiPadでも手間なく活用することができ、折り畳み式なのでコンパクトで持ち運びにも場所をとりません。

ちなみに、iPhone 4(iOS 4.1)だと文字変換時にshiftキーを押しながらカーソルキーで変換対象とする文節を任意に変更することができます。

https://www.youtube.com/embed/MaTJzCp56LQ

動画を撮ってみました。こんな感じで素早く文字入力ができます。iPad(iOS3.2.2)ではこれができません。11月に登場予定のiOS4.2では実現するでしょうか。これができるようになると多少変換が残念でも学習させやすくなります。


Simplenoteで全画面表示をさせて使えば、物書きに集中することができます。

REUDOのRboard for Keitai「RBK-2000BTII」オススメです◎

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&nou=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=mylifelog21-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=B000VWHU3M