AirMac Extreme2台でローミングネットワークを構築

AirMac Extreme2台でローミングネットワークを構築

国内でもメッシュWiFiを利用できるルーターが各社出はじめている中、メルカリで中古のAirMac Extremeを格安で購入してローミングネットワークを構築した。

“AirMac Extreme2台でローミングネットワークを構築” の続きを読む

我が家のApple製品を802.11n接続で統一

802.11n接続に統一イメージ

我が家の現役Apple製品であるiMac(late2006)、iPad、iPhone 4の無線LAN接続規格を802.11nに統一しました。

接続イメージは上図の通り。

iMacやiPadはもちろん、iPhone 4も802.11n対応しています。

iPhone 4は2.4GHz帯のみと限定的な対応になっていますが、我が家で無線LANを司っているデュアルバンド対応のAirMac Extremeなら、それぞれのデバイスを最適な通信規格で接続し、持っているポテンシャルを十分に引き出すことができます。

AirMacの設定

設定手順は簡単です。

  1. AirMacユーティリティ起動
  2. 手動設定を選択して、ワイヤレスタブ>無線モード

AirMacデュアルバンド設定1

  1. プルダウンをoptionキー押しながらクリック

     802.11nのみ(5GHz)-802.11nのみ(2.4GHz)を選択

AirMacデュアルバンド設定2

  1. ラジオチャンネルの選択は自動ではなく手動に(それぞれのチャンネルの数は任意)
  2. ワイヤレスセキュリティの設定
  3. ワイヤレスパスワードの設定
  4. ワイヤレスネットワーク名を分かりやすいものに設定

     ワイヤレスネットワーク名の部分は2.4GHz帯なのでここではHome(2.4GHz)

AirMacデュアルバンド設定3

  1. 設定画面下部のワイヤレス・ネットワーク・オプションから5GHzネットワーク名を設定

AirMacデュアルバンド設定4

AirMac Extremeが再起動して設定は完了。

しかしいざ繋げてみても本当に5GHzも2.4GHzも802.11nになっているか不安です(ボクがそうでした)。

2.4GHz帯か5GHz帯のどちらでつながっているかの確認方法

MacOS X10.6(Snow Leopard)の場合、AirMacに接続している場合にoptionキーを押しながらメニューバーの右の電波の強度のアイコンを押すと、使用しているチャンネルと周波数帯が出てきます。

AirMacデュアルバンド確認方法1

AirMacデュアルバンド確認方法2

こんな感じで詳細情報が出ます。

ちゃんとどちらの帯域も802.11n接続できるようになっているみたいです◎

ーーー

過去には802.11nと802.11b/gでデュアルバンド設定したコトがありました。

AirMac Extremeデュアルバンド設定Mylifelog

802.11b/g接続は今は光りポータブルに任せてあります。

APPLE AirMac Extreme ベースステーション MC340J/A

AirMacディスクをTimeMachineとして使うには


1TBの外付けHDDをバックアップ用に購入しました。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=mylifelog21-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=B001NGNPW0

これをAirMac Extremeに繋げてAirMacディスクとして利用し、TimeMachineをWiFi経由で行うようにしました。

色々調べた結果、一番地道なパターンで設定を完了させました。

手順は以下の通りです。

  1. 外付けHDDをMacに直接接続してフォーマットする

     ・ディスクユーティリティ起動

     ・消去タブから任意の名称でフォーマット

     →フォーマット:MacOS拡張(ジャーナリング)

     →名称:TimeMachine

  2. AirMac Extremeに外付けHDDを接続する

     ・ACアダプタ付きUSBハブに接続

     →USBハブにプリンタと外付けHDDを接続

  3. AirMacユーティリティでAirMacディスクの設定をする

     ・手動設定からディスクタブで接続したHDDを確認

     ・ファイル共有タブから共有ディスクのセキュリティ保護でパスワード設定

     ・「Bonjourを使用して…ディスクを共有」のチェックを入れる

  4. TimeMachine環境設定を開いてバックアップ先を設定する

     ・ディスクを選択から3.で設定した外付けHDDを選択

     ・オプションでバックアップ対象を任意に設定

     →(我が家では)ダウンロードフォルダは除外

  5. バックアップ開始
  6. 気長に待つ

我が家の場合、バックアップ対象が180GBありました。これくらいだと802.11n接続で半日かかりました。

バックアップ中は環境設定の省エネルギー項目でスリープを一時的に解除しています。確かめたわけではないですが、その方が不意にAirMacディスクがアンマウントされてしまうかもしれないのを防げるような気がしたので。。。

AirMacディスクによるTimeMachineは、基本的にバックアップするときだけマウントされます(単なるファイル共有はFinderのナビゲーションバーの共有項目に出ます)。

設定に際して、いくつか注意事項があります。

  • バックアップファイル作成時の注意

     AirMacディスクでのTimeMachineは直接接続でできたバックアップとは違うファイルを参照して実行しているようです。AirMacディスクでのTimeMachineでは「ほげほげ」というファイル名が作成され、それを参照しにいってHDDをマウントするようです。

     先に直接接続してバックアップを完了させてAirMacディスクとして接続しても、上記のファイルがないので、新たに別のバックアップファイルを作成し始めてしまうようです。

     直接接続でバックアップ作成中に中止して、AirMacディスクとしてやってもうまくいくらしいですが、うまくいかないケースもあるようなので試していません。時間はかかりますが、WiFi経由で地道に気長にバックアップを作成しました。

  • AirMacユーティリティでの接続設定の注意

     手順3でBonjourのチェックを入れるのも忘れないように。チェックを入れておかないとiMac再起動後にAirMacディスクをTimeMachineバックアップ先としてマウントできなくなってしまいます。

     ボクはこれで30分ほどハマりました。。。

ーーー

TimeCapusleがお亡くなりになる事例をWeb上で散見していたので、AirMac ExtremeからAirMacディスクを使ったTimeMachineを利用することにしました。

設定もWiFi経由で時間はかかるものの、設定もそれほど困ることなく完了できました。

1TBのAC内蔵外付けHDDが9000円弱ということで、コストパフォーマンスも素晴らしいです◎

場所をとるものはなるべくWiFi経由で接続してスペースを有効活用していて、写真の通りWiFi経由で接続しているものはプリンタと外付けHDD*2.一箇所に固めておくことで、ケーブルのゴチャゴチャもそこだけの管理だけで済むので楽です。

ちなみにiMacにはiPhone・iPod用接続ケーブルとUSBハブ経由でScanSnapとカードリーダーのみが接続されていて比較的スッキリな環境。これがiMac(late2009)になればカードリーダーも必要なくなるので、USBハブもいらなくなってさらにスッキリするかもしれないです。

AirMac Extreme+USBハブで繋げたいもの

AirMac Expressが壊れ、次のWi-Fi環境として悩んだ末に導入したAirMac Extreme、安定稼動しています。

AirMac Extremeデュアルバンド設定Mylifelog

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&nou=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=mylifelog21-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=B002TOJHAE

今現在AirMac ExtremeのUSBポートに繋いでいるデバイスはプリンタのみです。プリンタ共有だけでも便利ですが、さらに機器活用を目指すために必要となるデバイスをピックアップしてみました。

  • エレコム 充電できるセルフ&バス対応4ポート USB2.0ハブ(U2H-FC014SWH)
  • BUFFALO 外付けハードディスク USB2.0対応 1.0TB(HD-CN1.0TU2)

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&nou=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=mylifelog21-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=B000SSLRLK

バード電子APOLLO

  • .

設置イメージはこんな感じです。

AirMac Extreme接続イメージ

これでAirMac Extremeの熱問題も解消できて、容量可変のワイヤレスTimeMachineが実現します◎

残りのUSBハブには今後、ファイルサーバー用のHDDを追加したりすることもあるかもしれません。

ーーー

ここで発熱問題について一つ。

AppleTVのような発熱を心配してUSBファンの導入も視野に入れてましたが、寒い季節ということもあってか触れないほどの発熱はしていないようです。なのでバード電子のクーラーはしばらく必要無さそう。

恐らくAppleTVよりも熱は持たなさそうなので暑い季節になってもさほど心配する必要はないかもしれません。

備えあれば憂いなし。

バックアップ態勢もしっかりしていれば有事の際にも買い替えの際にも楽ができそうです◎

AirMac Extremeデュアルバンド設定


新型AirMac Extremeを導入し、iMacを802.11nで接続、その他を802.11b/gで接続することが可能になりました。

各々の機器で最適な通信プロトコルが選択できるようになって超快適です◎

AirMac ExtremeApple

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&nou=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=mylifelog21-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=B002TOJHAE

マイナーアップデートによる変更点はWi-Fiの感度が良くなったことと、デュアルバンドに対応したこと。

我が家でWi-Fiに繋ぎたいデバイスは以下の通りです。

  • iMac(late2006)→802.11n
  • PowerBookG4 12″→802.11g
  • ThinkPad X60s→802.11g
  • ニンテンドーDS Lite→802.11b

他にもAppleTVやWiiもWi-Fiで繋ごうかと考えたのですが有線LANでの接続にしました。

AirMac Extreme設置場所がAppleTVとWiiの近くに設置してあることと、AppleTVは無線通信を行うことによる更なる発熱量の増加を恐れて有線LANで、WiiについてもWii本体と併せて購入した有線LANアダプタを使っていたのでこれも有線LANのままとしました。

今後のレイアウト変更によってはWi-Fi接続に切り替えるかもしれません。

繋ぎたいデバイスが利用できるWi-Fiのプロトコルはb/gやnと混在しているのでデュアルバンドが必須になります。

デュアルバンド設定に少々戸惑ってしまったので、以下手順を残しておきます。

※うちの環境では802.11b/gをHome、802.11nをHome(5GHz)としています

a. 802.11b/g環境を設定する

  • AirMac ExtremeとMacを結線してAirMacユーティリティを起動する。
  • ユーティリティのアシスタントに従えばb/g環境は作成できる。

     ※DS Liteを接続したい場合はセキュリティをWEPで設定する必要があります

     自宅のワイヤレスオプション変更Mylifelog

b. 802.11n環境を設定する

  • AirMac ExtremeとMacを結線してAirMacユーティリティを起動する。
  • AirMac項目>ワイヤレスタブ>一番下のワイヤレスオプションを表示する。

AirMacユーティリティ設定画面1

  • 5GHzネットワーク名を決定する。うちは「Home(5GHz)」にしました。

AirMacユーティリティ設定画面2

これでメニューバーのAirMac項目にHomeとHome(5GHz)の二つのアクセスポイントが表示されました。

AirMacツールバー表示

各デバイスに最適なアクセスポイント選択すれば設定完了です。

802.11n接続ができるデバイスを持っている方は是非nでの接続をオススメします。なんせb/gとはスピードが違います◎

あと、よく分かっていないことがあって、802.11nは2.4/5GHz帯を使用しているはずなのでHome(5GHz)というのは実際802.11nのどれくらいのポテンシャルを引き出しているのか、、、5GHz帯を使うのでスピードが速いというのはなんとなく分かりますが、、、なんだかスッキリしません。

なにはともあれ,新型AirMac Extreme導入によるデュアルバンド設定で、我が家のリビングはLANケーブルが最小限になって随分とスッキリしました◎