iPhone3GでもサクサクのGoogleリーダークライアント「Reeder」

Reeder紹介画面

半年以上ぶりにiPhone上からGoogleリーダーのフィードを消化しまくるようになりました。

Reederというアプリを使うようになってからです。

Reeder

バージョンが2.0に上がって劇的に満足度が上がったようです。

既に著名なブロガーの方々がレビューをされています。

Googleリーダークライアント「Reeder」がVer2.0にアップデート、画像キャッシュやモビライザーに対応iPhone.Walker

 Reeder2.0とRSS Flashを比較してみる普通のサラリーマンのiPhone日記

 Reeder 2.0が(・∀・)イイ!!和室からiPhoneMacな日記

 Reederが2.0にバージョンアップ。大幅に進化したGoogleリーダーアプリiPhoneとiMacと自分と…

ボク自身もReederを使ってみて、すごいところ(=今までのGoogleリーダーアプリよりも優れている点)をいくつか感じました。

  • iPhone3Gでも高パフォーマンス
  • 触れば触るほど手に馴染む操作性
  • iPhoneに適した独自機能

iPhone3Gでも高パフォーマンス

次期iPhoneが出ることを夢見て、未だiPhone3Gを使い続けている自分としてはパフォーマンス不足は切実な悩みです。

今までのGoogleリーダーアプリではフィードを取得している最中はほぼ操作不能になります。それがReederだと、スクロールはできるし既に取得している記事を読むこともできます◎

最近操作が緩慢になりつつあるiPhone3Gでも、動画のようにフィード記事を表示させるスピードもストレスが溜まらないくらいの速度で、次の記事に切り替えるスピードもサクサクと動作して、フィードを消化することができます◎

触れば触るほど手に馴染む操作性

色々操作していると懐の深さを感じる操作性の良さがあります。

Reeder操作画面1

Reeder操作画面2

これらの操作に慣れてくると大量の未読フィードがあってもスターを付けたり、未読のままにしたりと、自分の状況に合わせてどんどん読み進めていくことができます。見出しだけ確認できればよいと判断した記事はスワイプでどんどん未読にできるので気持ち良いです◎

iPhoneに適した独自機能

網羅的な機能の紹介はその他レビューが詳しいと思います。

個人的に嬉しいと感じたのは、「Twitter投稿」と「モビライザー」です。

Twitter投稿は言わずもがな、読んでいる記事に関してタイトルやリンクの貼付けがタッチ一つで実現し、TwitterでTweetしやすくなります。

モビライザーについては、ボクもはじめは何なのかよく分からなかったのですが、記事をiPhoneに最適化した状態で表示してくれる機能のようです。ReederではGoogleとInstapaperによるモビライザーが利用可能のようです。完全に最適化される訳ではなく、それぞれで最適化の程度が違います。ボクの使い方としては、通常表示だと時間がかかりそうなときの表示されるまでの時間短縮にも日ライザーを使います。

そんなこんなで、Reederをとても便利に使っています。

インターフェースやデザインも洗練されていて、これも使いたいと思わせる要因の一つになっていると思います。

ここ最近の一番のおすすめアプリです。

Googleリーダーを利用している人は是非使ってみてはいかがでしょうか。

ーーー

Webからの情報取得手段は色々あると思います。

ボクの場合、情報取得経路は、

  • Googleリーダー
  • Twitter
  • ブックマーク

の三つになります。

三つはそれぞれ取得できるシチュエーションが違います。

Googleリーダーは欲しいと思う情報(=フィード登録した情報)を収集してきてくれて、自分のタイミングで漏れなく取得できます。

取得する情報も、必要なものは元リンクを辿れば良いし、必要ないものは読まずに既読にしてしまえば良いわけです。

Twitterはひっきりなしに流れ続けるタイムラインを流し読みし、その中で「オッ!?」って思う情報だけかいつまんでいく感じです。

ブックマークはフィードで取得するには非効率な情報を取得する際に利用します。

最近、GoogleリーダーについてはPC/Mac上のWebブラウザで見ることが多いです。

前はiPhoneアプリ「Byline」を利用していましたが、OSのアップデートやByline自体のアップデートに伴って使い勝手が良くなくなり、iPhone上からはほとんど情報取得しなくなっていました。見たとしてもiPhone上のSafariでちょこっと見るくらい。

Bylineが手放せない存在に|Mylifelog

そんな状況がReederというアプリで一変したわけです。

吸盤式iPhone、iPodスタンド「iStand」が気になる

iStand紹介画面

Twitter経由で知ったちょっと風変わりなスタンド、「iStand」。

iStandイデアインターナショナル

吸盤で取り付けるスタンドという、今までありそうでなかった新しいタイプのスタンドです。

シンプルなデザインと豊富なカラーバリエーションが魅力的。

値段も税込み630円とのこと。

販売元のリリースでは、スタンドとしてだけではなく、

メールを打つなどの操作時も指に本体を挟み込むことで、手にしっかりフィットし動作も楽に。

といった用途も提案しています。この使い方、ホントに使いやすくなるのかな、、、?

形がシンプルなので吸盤がどれくらい汎用的に使えるかで、iPhoneやiPodだけでなく何か別のものにも活かせそうです。

発売は12月中旬。

製品仕様は、

商品名:IDEA LABEL iStand (アイスタンド)

 価 格:¥630(税込)

 サイズ:W27×H41×D27(mm)

 重量:15g

 材質:シリコン

 生産国:日本

 カラー:7色(ホワイト、ブラック、オレンジ、ピンク、ブルー、グリーン、パープル)

 販売チャネル:Idea Digital Studio,Idea Frames,Idea Seventh Sense,Idea Digital Codeをはじめとする、全国のバラエティショップ、ライフスタイルショップ

AirMac Extremeデュアルバンド設定


新型AirMac Extremeを導入し、iMacを802.11nで接続、その他を802.11b/gで接続することが可能になりました。

各々の機器で最適な通信プロトコルが選択できるようになって超快適です◎

AirMac ExtremeApple

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&nou=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=mylifelog21-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=B002TOJHAE

マイナーアップデートによる変更点はWi-Fiの感度が良くなったことと、デュアルバンドに対応したこと。

我が家でWi-Fiに繋ぎたいデバイスは以下の通りです。

  • iMac(late2006)→802.11n
  • PowerBookG4 12″→802.11g
  • ThinkPad X60s→802.11g
  • ニンテンドーDS Lite→802.11b

他にもAppleTVやWiiもWi-Fiで繋ごうかと考えたのですが有線LANでの接続にしました。

AirMac Extreme設置場所がAppleTVとWiiの近くに設置してあることと、AppleTVは無線通信を行うことによる更なる発熱量の増加を恐れて有線LANで、WiiについてもWii本体と併せて購入した有線LANアダプタを使っていたのでこれも有線LANのままとしました。

今後のレイアウト変更によってはWi-Fi接続に切り替えるかもしれません。

繋ぎたいデバイスが利用できるWi-Fiのプロトコルはb/gやnと混在しているのでデュアルバンドが必須になります。

デュアルバンド設定に少々戸惑ってしまったので、以下手順を残しておきます。

※うちの環境では802.11b/gをHome、802.11nをHome(5GHz)としています

a. 802.11b/g環境を設定する

  • AirMac ExtremeとMacを結線してAirMacユーティリティを起動する。
  • ユーティリティのアシスタントに従えばb/g環境は作成できる。

     ※DS Liteを接続したい場合はセキュリティをWEPで設定する必要があります

     自宅のワイヤレスオプション変更Mylifelog

b. 802.11n環境を設定する

  • AirMac ExtremeとMacを結線してAirMacユーティリティを起動する。
  • AirMac項目>ワイヤレスタブ>一番下のワイヤレスオプションを表示する。

AirMacユーティリティ設定画面1

  • 5GHzネットワーク名を決定する。うちは「Home(5GHz)」にしました。

AirMacユーティリティ設定画面2

これでメニューバーのAirMac項目にHomeとHome(5GHz)の二つのアクセスポイントが表示されました。

AirMacツールバー表示

各デバイスに最適なアクセスポイント選択すれば設定完了です。

802.11n接続ができるデバイスを持っている方は是非nでの接続をオススメします。なんせb/gとはスピードが違います◎

あと、よく分かっていないことがあって、802.11nは2.4/5GHz帯を使用しているはずなのでHome(5GHz)というのは実際802.11nのどれくらいのポテンシャルを引き出しているのか、、、5GHz帯を使うのでスピードが速いというのはなんとなく分かりますが、、、なんだかスッキリしません。

なにはともあれ,新型AirMac Extreme導入によるデュアルバンド設定で、我が家のリビングはLANケーブルが最小限になって随分とスッキリしました◎

iPhoneでクックパッド「CookingPad」

CookingPad紹介画面

待望のアプリがとうとう出ました!

iPhoneでクックパッドのレシピを簡単に見ることができるようになります◎

CookingPadSpicyCube

CookingPadは、

  • 旬のキーワード検索(1時間毎/1日毎)
  • レシピ検索
  • レシピ詳細の閲覧
  • つくれぽの閲覧

ができます。

CookingPad操作画面1

CookingPad操作画面2

CookingPad操作画面3

CookingPad操作画面4

CookingPad操作画面5

CookingPad操作画面6

キーワードランキングからのレシピ検索だけでなく、アプリ内の検索ボックスからレシピ検索が簡単にできます。

検索されたレシピは一覧表示だけでなく、レシピ詳細もiPhone内で見やすくレイアウトされます。レシピ作成手順では各手順の写真も大きく表示され、併せて文書も見やすいです。つくれぽの閲覧も同様に見やすくレイアウトされています◎

ーーー

今まではiCookpadというクックパッドの際と表示を最適化するWebサービスをホーム画面にブックマークを置いて利用していました。

これもiPhoneに最適化されて表示されますが、Webサービスなので表示の見易さ、美しさには限界がありました。

これがCookingPadによってすべてにおいて見やすさと美しさのレベルが上がっています◎

最後にCookingPadに要望したいこと。

会員が利用することができるサービスを使えるようにして欲しいです。

Myリスト機能や、自分のつくれぽ管理、有料会員から使える人気順のソート、これらがiPhoneでできるようになったら有料でもインストールしたいです。。。

WPtouch iPhone導入

WPtouch for iPhone画面1

WPtouch for iPhone画面2

このブログにWPtouch iPhoneプラグインを導入しました。

iPhoneやiPod touchで当ブログを閲覧すると、サイトの体裁が480*320の解像度に最適化されて表示されます。

WPtouch for iPhone画面3

WPtouch for iPhone画面4

WPtouch for iPhone画面5

タグとカテゴリを使って簡単にエントリを絞り込んでいくことも可能です(画像:左・中)。

通常レイアウトへの切り替えもページ下にあるトグルスイッチで簡単にできます(画像:右)。

ーーー

携帯電話でフルブラウザが快適に使えるという驚きをiPhoneOSは与えてくれました。

なのでiPhoneの解像度に最適化されるということにあまり良い印象を持っていなかったのですが、コンテンツにより簡便にアクセスできるのを目の当たりにすると、「これはこれでアリかもしれない」という思いが強くなりました。

話は少し逸れますが、iPhoneOSにレイアウトが最適化されたAmazon.jpも通常のレイアウトよりはアクセス性が高くなります。クックパッドもレイアウトが最適化されればさらに便利になるのになぁ、なんて淡い期待を持ったりもしています。。。