TVの電源offでもAppleTVから音楽再生できる環境づくり

もっと手軽にリビングで音楽を楽しむためにAppleTV周りの配線を変更しました。

変更したことでリビングの音楽環境がものすごく快適になりました。

スピーカー経由で聴けないAV機器も出てきちゃったけど、利用頻度を考えると問題ない感じです。

AppleTVでもっと手軽に音楽を楽しみたい

Olasonic TW-D7OPT接続イメージ

元々は上図のようにTVをハブにして様々なAV機器の音声をスピーカーに出力していました。

薄型TV用スピーカー「Olasonic TW-D7OPT」でリビングに高音質を | mylifelog

このやり方だとAppleTVで音楽を聴くだけでも都度TVの電源をonにしないといけません。

知人を呼んだりしてAppleTVのスクリーンセーバーをアクセントに使うときはそれでもよかったけど、毎回そういうわけでもないし勿体ない。

もっと手軽に音楽を楽しむための方法を模索しました。

スピーカーへの出力をTVを経由しない方法に変更

リビングAV機器新接続イメージ

結果、TVを介さないでAppleTVとスピーカーを光ケーブルで繋ぐのが手っ取り早い方法でした。それ以外は以前の構成そのままで、HDMIはAppleTVからTVへの映像出力もあるので繋いだままです。

音を出すだけのときは光ケーブルでスピーカーに直接出力されてるのでTVの電源をonしなくてもスピーカーから出力されます。

もちろんスライドショーやiTunesレンタルやHulu、YouTube等で映像も一緒に楽しみたいときはTVの電源をonすればいいだけです(この場合は音がズレて出力されることがあるのでTV側の音量をゼロ、もしくは消音ににしておきましょう)。

リビングでの楽しみ方

音楽を楽しむ時は基本的にiOSデバイスやMacからAirPlayで鳴らします。

iOSデバイスは容量の関係で一部の曲しか入っていません。これは純正アプリのRemoteを使ってMac内の音楽をブラウズすることで回避できます◎

Remote操作画面

iPadのRemoteからMacのiTunesライブラリをブラウズ中

Macの場合はiTunesライブラリ全てを参照できるので問題ないです。

また先日紹介したようにMacから出る音をAppleTVからそのまま出力することも可能にしているので、リビングで楽しめる音楽の幅が広がります。

Macから出る音を簡単にAirPlayで飛ばせるようにする | mylifelog

TV電源offでAppleTVを使える環境のメリット

一番大きいメリットは省エネ。

純粋に音楽だけを楽しみたいときに無駄にTV電源onしなくてもよいのでエコです。実際触ってみるとよく分かりますが、TV点けっぱなしにしておくと結構熱を持ちます。

特にバックグラウンドミュージックとしてラジオとか鳴らしっぱなしにしたい使い方だとTVはできれば点けずに使いたいですよね。iOSデバイスやMacからのAirPlayならば、音楽だけじゃない音源もOK(例えばradikoやその他インターネットラジオとかもOK)です。

もう一つ感じているメリットはおまけ的な要素ですが操作性。

AirPlayでAppleTVを経由して音を鳴らすと、音量調整が飛ばし元(iOSデバイスやMac)からでも可能なのです。

通常、TV画面を見ながらAppleTVを操作して音楽を再生する場合、AppleTVからコンピュータをブラウズしたりiTunes in the Cloudで音楽を鳴らしていました。この場合、音量はAppleTVに接続した音声出力機器の音量調整に依存してしまうのでとっさに調整するときTVだったりスピーカーのリモコンをあれこれいじる必要があり煩雑です。

さいごに

普段からそんなにTVを観なかったこともあり、今回の環境変更はかなりリビングの快適性向上にインパクトがありました。
冒頭にも書いた通り、スピーカー経由で聴けない機器もあるけど、利用頻度を考えると大した問題ではありません。

あと、Olasonic TW-D7OPTは出力元が作動したのに連動して電源onしてくれるお利口さんなので操作も楽で気に入っています◎


Apple ハイビジョン対応 Apple TV MD199J/A

posted with カエレバ

アップル 2012–03–16

Amazonで見る

楽天市場で見る


Olasonic 薄型テレビ用高音質スピーカー ブラック TW-D7OPT(B)

posted with カエレバ

東和電子 2011–06–16

Amazonで見る

楽天市場で見る

Remote

App

カテゴリ: エンターテインメント

価格: 無料

Macから出る音を簡単にAirPlayで飛ばせるようにする

Macから出る音をAirPlay対応機器から出力するにはそのアプリケーションがAirPlayに対応していないとできません。

しかしそれは標準での話。

色々調べたらAirwavesというアプリケーションでMacから出る音そのものをAirPlayで飛ばせるようになりました。

radikoもMacからAirPlayで飛ばしたい

Olasonic TW-D7OPT接続イメージ

従来のリビングAV機器構成

我が家のリビングでは音楽を楽しむのにAirPlayを活用中です。

リビングのTVにはAppleTVが接続されているのでiOSデバイスならば音楽でもラジオでもAirPlayで簡単に音を飛ばせます。

薄型TV用スピーカー「Olasonic TW-D7OPT」でリビングに高音質を | mylifelog

しかしラジオの場合、バックグラウンドミュージックとして鳴らしっぱなしにしたいので、できればiOSデバイスではなくMacに任せたかったり。

冒頭でも述べたように、MacだとAirPlay対応アプリしか音を飛ばせないので、iTunesはOKだけどradikoは非対応なのでNGです。

AirwavesでMacから出る音そのものをAirPlayで飛ばす

昔、AirTunesというiTunesをワイヤレスで家のスピーカーから再生する機能があり、それを利用してAirfoil for Macというアプリでradikoをリビングで聴いていましたが、設定と操作が分かりづらかった記憶があります。

radikoをAirTunes経由でリビングで楽しむ | mylifelog

radikoをAirTunes経由でリビングで楽しむ2 | mylifelog

radikoをAirTunes経由でリビングで楽しむ(完結編) | mylifelog

設定と操作が簡単であれこれ機能が付いてないシンプルなアプリケーションを探したらAirwavesを発見しました。

Airwaves | Joris Kluivers

やれることはとてもシンプルで、Macから出る音そのものをAirPlay対応機器に飛ばすだけです。

シンプル過ぎるが故に、アプリ毎ではなく出る音全てなので操作時の効果音や警告音も交じって飛びますが、そこは大きな問題ではありません。

簡単でシンプルなのがなにより重要です。

起動して飛ばし先を選択するだけ簡単操作

Airwaves接続先選択

Airwavesの使い方は簡単で、起動して音の飛ばし先を選択するだけ。

起動中はメニューバーに常駐するのでそこから現状のネットワークに接続されているAirPlay対応機器を選択します。元に戻したい時はまたメニューバーから「This Computer」を選択すればOK。

Airwavesログイン時起動

また、メニューバーからログイン時に自動起動できる「Launch on startup」も設定できます。

さいごに

今までもラジオ鳴らしっぱなしはやってたけど、MacからならバッテリやSNS、メール対応に気兼ねすることなく使えます。

この方法だと書斎のスピーカーもワイヤレスにしてより机周りをスッキリできるかも。

音質もそこそここだわりながらデザインが素敵なこんなのとかこんなのとかを使って音楽を楽しめそうです◎


Airwaves

App

カテゴリ: ユーティリティ

価格: ¥350


Apple ハイビジョン対応 Apple TV MD199J/A

posted with カエレバ

アップル 2012–03–16

Amazonで見る

楽天市場で見る


Olasonic 薄型テレビ用高音質スピーカー ブラック TW-D7OPT(B)

posted with カエレバ

東和電子 2011–06–16

Amazonで見る

楽天市場で見る

iMac 27″(Mid 2010)の延命措置(メモリアップグレード)を行いました

ここ最近、Macを使っていてメモリ不足に悩まされるようになりました。

メモリ食いの犯人はAperture。

音楽聴きながら、ブラウジングしながら、ブログ書きながらなんてことしてたらスワップを起こすようになり、動作もノロノロに…

まだまだ買い替えなんて時期でもないので延命措置(8GBから16GBへのメモリアップグレード)を施しました。

満を持して導入したiMac 27″(Mid 2010)

R0051109

我が家の唯一のMacであるiMac 27″(Mid 2010)は2010年の12月に購入。

iMac 27″(Mid2010)が我が家にやってきた | mylifelog

子供も生まれて、さあこれから写真も動画も加速度的に増えていくぞ、ということで満を持して導入したのでした。

購入当初から広大なディスプレイと十分なスピード、余裕の8GBメモリで快適なMacライフをエンジョイ♪

フォトブックもたくさん作ったし、写真の管理方法もレタッチも試行錯誤したし、当時の自分のやりたい事に十二分に応えてくれる相棒でした◎

コンテンツ容量の肥大化とやりたいことの高度化の結果…

予想通り、写真の撮影枚数は加速度的に増加、動画も結構な容量を占めるように…

さらにやりたいことも高度化してきて、写真管理をiPhotoからApertureに変更しはじめた頃からMacの動作が怪しくなりはじめました。

写真を取り込んで整理、ちょっとした修正をしはじめるとやたらとレインボーカーソルが出る。

もしかしてと思い、メモリを確認したら残り100MBくらいしかない…!?

Aperture以外にもブラウザやiTunes、Twitterクライアント、メーラー等々も起ち上げていたこともあって、極端なメモリ不足に陥っていました。

アクティビティモニタで確認すると、やっぱりApertureだけで数GB食ってる…

こんな状態を頻繁に経験し、Aperture使うときは他のアプリケーションを起動しないようにして騙し騙し使い続けてましたが、いい加減我慢の限界が来ました。

Webで調べてみたらメモリの値段もかなりお求めやすい感じになっていたのでメモリをアップグレードする事に決定◎

メモリのアップグレードは想像以上に簡単だった!

思い立ったら即行動!ということでアップグレードするメモリについて調べてみると昔に比べて想像以上に簡単に関連情報を入手する事ができました。

調べた事は以下の2つ。

  • このMacについてでMacに装着してるメモリを確認
  • メモリのアップグレード手順をサポートページで確認

「このMacについて」でMacに装着してるメモリを確認

このMacについて8GB

ディスプレイ左上のAppleメニューから「このMacについて」を表示。メモリタブをクリックすればMacに装着しているメモリの情報が確認できます。

我が家のMacは2GBメモリを4枚差した8GBでMid 2010なので1333MHz DDR3メモリです。

アップグレードに当たり、もう少し細かい情報を知るためにウィンドウ右下の「メモリのアップグレードの手順」をクリックします。

メモリのアップグレード手順をサポートページで確認

メモリの取り外し方法と取り付け方法

iMac:メモリの取り外し方法と取り付け方法

「メモリのアップグレードの手順」をクリックするとAppleのサポートページに飛んで詳細情報が確認できます。

装着可能なメモリの仕様について詳細な情報が載っていました。

Mid 2010モデルは、PC3–10600の204ピン、1333MHz DDR3 SDRAMのようです。

メモリ取り外しと取り付け方法については図解されているので迷う事はありませんでした。

必要なメモリの型が分かったらあとはお好きなショップで購入してアップグレードしちゃいましょう。

さいごに

このMacについて16GB

メモリ16GBになって購入当初の感覚が蘇ってきました◎

あれもこれも起ち上げながら作業していたってレインボーカーソルが頻発することはなくなりました。

前に使っていたiMac 17″(Late 2006)では比較的早くメモリ増設に踏み切ったものですが、今のは8GBもあるしこれ以上増やすのに躊躇しちゃってました。

動作に不満を覚えたら原因を特定してすぐに手を打つ方がいいですね◎


BUFFALO ノートPC用増設メモリ PC3–10600(DDR3–1333) 4GB×2枚組 D3N1333–4GX2/E

posted with カエレバ

バッファロー 2010–10–30

Amazonで見る

楽天市場で見る

BetterTouchToolでMacの操作性を痒い所に手が届くようにする

OS Xは標準でマルチタッチをサポートし、純正デバイスのMagicMouseやMagicTrackpadを使えばマルチタッチジェスチャーを便利に使えます。

Mac愛用者がよく行う操作の代表としてはアプリケーションスイッチャーとミッションコントロールがあるかと思いますが、これらは先のデバイスで標準ではできたりできなかったりします。

今回はそれを補ってくれるユーティリティソフトのBetterTouchToolを紹介します。

BetterTouchToolとは

MagicMouse

BetterTouchToolは、OS X標準サポートするジェスチャーと操作だけでなく、新規にジェスチャーとアクションを追加することができるユーティリティソフトです。

使いやすいかどうかは置いておいて5本指のジェスチャーまで追加できたりします。
また、MagicMouseやMagicTrackpad以外にもAppleRemoteの操作性を向上させることも可能です。

ひとまず今回紹介する設定はMagicMouseとMagicTrackpadで、これを使って先に挙げた生産性向上に貢献するアプリケーションスイッチャーとミッションコントロールの設定を追加します。

アプリケーションスイッチャー

アプリケーションスイッチャー
command+tabでアプリケーションの切り替えを素早く行える。

MissionControl

Mission Control | Macの基本

OS X標準でできないことをやらせる(MightyMouse編)

MagicMouseシステム環境設定

OS X標準設定ではアプリケーションスイッチャーとミッションコントロールはMagicMouse単体では呼び出せません。

MagicMouseはマルチタッチができると謳われているものの、マウスというカタチの制約もあって負荷なく使える指はせいぜい人差し指、中指、薬指の三本くらいでしょうか。

BetterTouchToolを使ってこれら三本指でアプリケーションスイッチャーとミッションコントロールが呼び出せるように設定します。

アプリケーションスイッチャー

MagicMouseBTTアプリケーションスイッチャー設定

使う指:3本(人差し指、中指、薬指)

ジェスチャー:三本でマウスを同時にタップ

マウスの持ち方を変えることなく使えるような設定にしています。

ミッションコントロール

MagicMouseBTTミッションコントロール設定

使う指:2本(人差し指、中指)

ジェスチャー:中指はマウスに乗せたまま、人差し指でマウスをタップ

これも持ち方を変えることなく使える設定です。

標準でできないことをやらせる(MagicTrackPad編)

MagicTrackpadシステム環境設定

MagicMouseよりも標準設定でやれることは多く、アプリケーションスイッチャーが呼び出せない以外は欠けているものはないように思えます。

人によっては標準のまま使ってもあまり不自由を感じないかもしれません。

先述の通り、アプリケーションスイッチャーはよく使うのでBetterTcouhToolを使って設定しています。

アプリケーションスイッチャー

MagicTrackpadBTTアプリケーションスイッチャー設定

使う指:4本(人差し指、中指、薬指、小指)

ジェスチャー:人差し指以外をパッドに乗せたまま、人差し指でパッドをタップ

MagicTrackpadは手を広げて使っているので4本指を使うのも無理はありません。若干複雑な動きのように見えますが、理解してしまえば簡単だと思います。

ちなみに左手でジェスチャーする場合はタップの指が反対になるので設定で間違えないようにしないといけません。

自分の場合、MagicMouseを右手、MagicTrackpadを左手で使っているのでMagicTrackpadのアプリケーションスイッチャーは左手用の指4本設定にしています。

MagicTrackpadでは他にも5本指で右スワイプをすると一気にダッシュボード画面に移動できるようにしたり、フルスクリーンに対応したアプリであれば5本指で上スワイプをすると切り替えられるようにしています。

さいごに

BetterTouchToolでちょっとした設定を追加してあげることでMacの普段のオペレーションで痒い所に手が届くようになりました。

今回紹介したアプリケーションスイッチャーとミッションコントロールはアプリの切り替えやウィンドウ操作が主の話なのでMacを使ってると結構な頻度でやってる操作だと思います。

これらの設定でキーボードに手をやる回数が減るので、慣れてくると操作でとにかく疲れなくなりオススメです◎


BetterTouchTool


BetterTouchTool is a great, feature packed FREE app that allows you to configure many gestures for your Magic Mouse, Macbook Trackpad and Magic Trackpad. It also allows you to configure actions for keyboard shortcuts, normal mice and the Apple Remote.
BetterTouchTool includes many goodies, like window snapping or an integrated window switcher.

Document in the CloudでiWork for iOSの使い勝手が良くなった

iCloud

.Macの頃からAppleの個人向けサービスに加入し、便利なんだけども時々不安定なMobileMeを利用してきた身として、ようやく安心してデータを預けることができそうなサービスとなったiCloud。

このiCloudの機能の一つである、Document in the CloudがiWork for iOSの使い勝手を一段上に引き上げてくれました◎

MacのiWorkよりも活用しているのでこの進化はとってもありがたいです◎

iWork for iOSでやっていたことと不便に感じていたこと

iWork for iOSで主にやっていたことは以下の二つ。

  • Numbersによる金銭出納管理
  • Keynoteによるポンチ絵作成

・Numbersによる金銭出納管理

過去このブログでも何度か取り上げています。

iPhoneとiPadで小遣いと家計の出納管理 | mylifelog

お小遣い管理方法アップデート | mylifelog

試行錯誤でお金の使い道を把握するための仕組みを構築してきました。

・Keynoteによるポンチ絵作成

このブログで出てくるポンチ絵は全てiPadのKeynote上で作成しています。

素材となるアイコンはMac上で収集し、iPhotoもしくはApertureのイベントに集約してiPadに読み込んで利用します。

このエントリにあるポンチ絵もKeynote for iOSで作成しています。

コンテンツ作りには欠かせないiWorkですが、データの運用方法に不便を感じていました。

iWork for iOSで作成したデータは当初iDiskに蓄積し、クラウドで一元管理していました。あちこちで違うバージョンが入り乱れないようにするためです。

しかし、iWork for iOSからのデータの同期はなんと手動という…常にiDisk上を最新にしておかないとコンフリクトを起こしてしまうので、それをiPhoneやiPadで編集するたびに意識するのがすんごく面倒なのでした。

iCloudのDocument in the Cloudで解決

Document in the Cloud

iCloud以前で不便だったデータの運用がDocument in the Cloudによってすべて解決されました◎

アップル — iCloud — 同じ書類をどこでも最新の状態に保ちます。

ネットワークに繋がってさえいればデバイス間で自動的に同期!

資料作成や集計に集中できるので、いつでもどこでもiPhoneでもiPadでも気軽に編集できるようになりました。

さらにいつでもどこでも最新情報のレビューが可能です。出納管理だったら最新集計情報を振り返れるし、ポンチ絵も最新版を見ながらブラッシュアップできます。

万が一、コンフリクトを起こしてもタイムスタンプから上書きするのかどうか聞いてくれるので分かりやすくて助かります。

さいごに

MacOSがLionになって、オートセーブとレジューム機能が搭載されたことでデータを保存するということをほとんど意識しなくなりました。よく編集するファイルはDropboxに入れているので、編集後のデータ運用もクラウド上で簡単に一元管理ができます。
というわけで、データの運用は意識の外で機能してくれると非常にありがたいです。

iCloudによってiOSデバイスでも意識しないでデータを一元管理できるようになり、本来の目的である作業に集中しやすくなって本当に便利になりました◎

Keynote 1.5(¥850)

カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
 販売元: Apple — iTunes K.K.(サイズ: 120.4 MB)

Numbers 1.5(¥850)

カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
 販売元: Apple — iTunes K.K.(サイズ: 114 MB)

支出管理 1.11(¥85)

カテゴリ: ファイナンス, 仕事効率化
 販売元: SHIBUYA Masanori — MASANORI SHIBUYA(サイズ: 2.9 MB)