Amazonの何でもほしい物リストのカテゴリを物欲度合いで再仕分け

何でもほしい物リスト更新

Amazonの商品以外の物もどんどん登録できる機能、何でもほしい物リスト。

我が家のほしい物が一元管理されており、もはや欠かせない存在となっています。

そんなほしい物リスト、今まで商品の種類でカテゴリ分けしていましたが、物欲の度合いという切り口で再仕分けしたことでさらに便利なリストになりました。

以前のカテゴリ

以前はリストに登録した商品の種類でカテゴリ分けしていました。

「カメラ」「コンピュータ・ガジェット」「文具」「家族」「その他」という感じ。

一見きれいにカテゴライズされているようでいて、実は意味があまりないことにようやく気づきました。

なぜなら、ほしい物リストはAmazonの商品カテゴリで絞り込みが可能で、自分がカテゴライズした項目と大半が被っていたのでした。。。

ちなみに、何でもほしい物リストのブックマークレットで登録したAmazon以外の商品は「他サイトの商品」という名前で括られるようです。

物欲の度合いでカテゴリ分け

もう少し役に立つカテゴリ分けはないかと考えた結果、物欲の度合いでカテゴライズすることにしました。

ほしい物リストは「アレどうしようかなぁ」なんて気分で眺めていることがほとんどです。たくさん登録されている商品はどれも同じ物欲度数ではないことは分かっていたので、三段階で分けてみました。

・★★★(すぐにでも欲しい)

金銭的余裕や家族の許可が下りればすぐにでもほしい物を★★★で表すことにしました。

恐らく一番見る頻度の高くなるリストです。

・★★☆(いつか欲しい)

「自分や家族を取り巻く環境が整ったら買おう」的な条件付きのほしい物を★★☆としました。

こんなのあったらいいよなぁ、なんて思いを馳せながら眺めることが多そうなリストです。

・★☆☆(気になる)

自分の感性がピピッと反応して登録した物を★☆☆としました。

ここに登録される物は「気になる物」で、厳密にはほしい物とは違うかもしれません。このリストを眺める度に「やっぱ違うな」と思えば削除される物も出てきます。

さいごに

自分と家族のほしい物はこのAmazon何でもほしい物リストで一元管理されています。

何でもほしい物リストについての記事はこちら。

Amazonの「何でもほしい物リスト」に何でも放り込む | mylifelog

物欲の度合いでカテゴライズすることで、それぞれのリストを振り返ったときにどういう視点で深く検討する必要があるのか分かりやすくなりました◎

大人の安らぎ時間を生み出すベビーモニター

Click here to add a title

子供との時間はとても大事だけど夫婦の時間や自分の時間も大事。

夜寝かしつけてそのまま寝室にいるとやれることが限られます。

寝かしつけた後、寝室からリビングに移動しても、離れた寝室の様子を把握しやすいようにベビーモニターを導入しています。

デジタル安心ベビーモニター 2Way DX|おしえて!マザースマイルパーク

離れた場所にいても大丈夫

昨年引っ越してから寝室とリビングが結構離れてしまったので、寝室の様子が把握しにくくなっていました。

このベビーモニター、寝室とリビングのような離れた場所でも無線を使って、音と室温で子供と部屋の様子を把握することができます。

子供が泣いたときに気づきにくくなっていたし、部屋が離れていることで室温もリビングとの差が大きくなっているケースが多かったので本当に助かります◎

一般的な無線LANに使われているデジタルの無線方式を利用していて、ガリガリ、ザーザーの類のノイズも乗りにくく他の無線機とも混信しにくくなっています。

また、音を検知すると親機のランプがチカチカ点滅するので、リビングが多少騒がしい状態でもベビーモニターさえ確認すれば寝室で子供が泣いているかどうか判断できるのも地味に便利なポイントです。

まとまった時間寝てもらえるようになったからこそ

このベビーモニターを購入したのはずいぶん前でした。

子供の寝る時間や起きる頻度は個人差が大きいので一概には言えないかもしれませんが、うちの子供の場合、1歳を過ぎてから寝てくれている時間が長くなってきたことで活躍の機会が増えました。

戸建てで1階2階で離れてるようなケースじゃないと使い道ないんじゃない?ってよく言われますが、そうでもないです。

空調の関係で締め切ることがあれば同一階でも子供の声は届きにくくなるし、うちはマンション住まいで気密性が高いからなのか部屋が離れると声が聞こえにくいので重宝しています。

あと、ベビーモニターが反応して「泣いたかな?」と思っても、一人でまた自然と眠ることもあって、それが離れた場所から確認できるのはかなり効率的だったりします。

さいごに

生まれた時間で、その日の出来事について話したり、これからのことを話したり、本を読んだり、TVを観たり。。。

ほんの少しでも気を休めることができるありがたい時間です。

もちろんこのモニターに頼り切ることは禁物。ときどき自分の目で子供の様子を伺うことも忘れずに。。。


デジタル安心ベビーモニター 2WAY DX

posted with カエレバ

タカラトミー 2010–09–25

Amazon

楽天市場

価格.com

自分は本当に一歩を踏み出せていたのかな? — 第1回アシタノワークショップに参加して #ashitanoWS

Untitled

「明日を楽しく!」をモットーに今まで主にブログメディアで情報を発信していたアシタノが、4/21(土)に初めてのワークショップを開催しました。

申し込もうと思ったときにはすでに定員枠が埋まってしまっていたが、前日にキャンセルが発生したので滑り込みで申し込みできましたよ。。。

ワークショップの内容は以下のリンクの通り。


4月21日 第1回アシタノワークショップ(東京都)


記念すべき第一回アシタノワークショップでは、まずアシタノレシピのメンバーが過去に抱えていた悩みをどのように解決し、どのように明日を楽しくするための第一歩を踏み出したのかを解説します。 そしてその後”ワールドカフェ”という形式で、アシタノレシピのメンバーおよび参加者同士のディスカッションの場を設けることで、参加者の皆さんにそれぞれの”はじめの一歩”を見つけて貰いたいと考えています。”

ワークショップやセミナーと聞くと、どうも怪しいという人もいるかもしれません。

どう説明しようかなと思ってたら同じく参加していたギークな父さんブロガーの@tamkaiさんが雰囲気をうまく伝えていました◎


第1回アシタノワークショップに参加してきたので、私の講義メモを晒します。 | 切り抜きジャック


セミナーだとか講演だとかいうと、なんか売りつけられそうだとか、うさん臭そうだという印象を持つ方もいるかもしれませんが、別段何かを売られるとかそういうことも全くなく、何かのヒントを探している人からいつも読んでるブログの中の人に会いにきているような人まで、色んな人が集まってワイワイやるって感じ。

ただ概要を一言で言おうとすると「みんなで夢について語った」なので字面の怪しさはハンパないですがw

でも大人になって、それなりに覚悟も諦めも持った中で、それでも夢について話せるっていうのも面白い場だなと思うのです。

ワークショップに参加して、メンバーのお話やワールドカフェでのディスカッションを通じて、最近ずっとモヤモヤしていた部分に目を向ける良い機会となり、「自分は本当に一歩を踏み出せていたのか」を考えることができました。

講演内容はUstreamで見ることができるようです。

Ustream:第1回アシタノワークショップ

講演のメモやレポートは多くのブロガーさんが詳細に書いているので、このエントリでは最近の自分の状況に照らし合わせて考えたことをまとめていきたいと思います。

今までやってきたことは実は困らない状態でいるためのやりくりだった

「何を大切にしているの?」と聞かれたら真っ先に挙げるのは「家族と過ごす時間」。

これは自分にとってどんなことがあっても実現したいベースのようなもので、講演でも紹介されていたGTDやToodledoを活用して毎日なんとか実現できています。

これを実現するまでもたくさん失敗を繰り返す試行錯誤の日々を経てきました。

でもこれは最低限実現したいことであって、困らない(≒不満でない)状態でいるためのやりくり。

あくまでもベースなので、いわばスタート地点に立っているだけの状態といえるのかもしれません。

もちろん、「家族と過ごす時間」は何物にも代えがたい大切なことなので、スタート地点と言うと語弊があるかもしれませんが、個人的な感覚だとこれは「家族を持つ社会人として当たり前のこと」だと考えています。

実際、自分には上記のこと以外にも「できたらいいな」と思っていることはあるし、「夢」もあります。

じゃあそれってどこいっちゃったんだろう。

ゼロからプラスへ

「できたらいいな」については、忙しさにかまけて手が出せておらず、最低限目指していることを実現するだけで納得してしまっていました。

大切にしていることは実現できているわけだし、困っているわけでもなかったので。。。

結果的に「できたらいいな」からは目を背けてしまっていたんですね。

講演で話されていた人たちは立場や環境は違えど、壁にぶち当たり現状に不満を抱いたり危機を感じて、なんとかしてそれを乗り越えて「明日を楽しく!」を実践しているのがとても伝わってきました。

不満でない状態でいることにとどまらず、見ていて本当に楽しそうでゼロからプラスへの一歩を踏み出しているのもよく分かりました◎

講演やワールドカフェで参加者の色々な話を聞いて、ずっとモヤモヤしていた部分に目を向けることができ、そのモヤモヤを晴らすためにもどうしたら良いのか見えてきた気がします。

結果から考えない、常識と模範解答と平均点に縛られないことが大事ですね◎

強い決意を持って自分の人生に責任を持つことができれば「本当の」一歩を踏み出せるはず、、、!

この一歩が家族との時間にもピリリとさらに良い刺激を与えてくれるかもしれません◎

mylifelogのポリシー通り、肩に力を入れすぎず、ゆるくも強い決意をもって毎日を楽しくしていくために積極的に仕掛けていこうと思います^^

さいごに

このワークショップに参加できたのは@saiutさんからTwitterでお誘いいただいたことがきっかけでした。

[blackbirdpie url=”http://twitter.com/saiut/status/188048171048513536″]

定員枠いっぱいだったのが前日にキャンセルが出て飛び込みで参加できたのも何かの縁。

本当にありがとうございます!

こんなご縁も長く続くようにこのmylifelogの更新、肩の力を抜きつつもしっかりと続けていきたいと思います◎

時計付箋紙でゆるめの半日時間管理

時計付箋紙

仕事用MOLESKINEに無印良品の時計付箋紙を貼って、日々費やす時間の管理をはじめました。

かなりゆるーい感じの時間管理です。

ガチガチじゃない時間管理

mylifelog的レイアウト

スケジュール管理は「超」整理手帳で紙のスケジュールシートを使用中。タスク管理はToodledoでGTDの要になっており手放せない存在です。

Toodledoでは適正なタスク配分をするためにタスクごとに作業時間を見積もっていて、半日の中で無理なくやるべきことを実行しています。

見積もる時間はあくまで目安で、ガチガチに管理しないのがポイントです。無為に過ごす時間を少なくするためのものなので自分にとってはゆるい時間管理で十分です。

今日やることを書き出す意味

時計付箋紙記入例

時計付箋紙のサイズは直径4cmで、写真の通りMOLESKINEポケットに貼ってもそんなに場所をとりません。

付箋紙の使い方は簡単で、朝一番にスケジュールとタスクリストを見ながら書き込んでいきます。スケジュールはミーティングや外出の予定を、タスクはToodledoの期日ビューで時間帯コンテキストで配分されているその日のタスクを書き出します。

この時点でその日使える時間にまだ余裕がありそうなら検索ビューでNextActionになっているタスクリストから適切なものをその日やるタスクに昇格させます。

書き出しの時間はだいたい15分くらい。

たったこれだけのことでその日やることと使える時間が可視化されるので、何となく今日のタスクに取り掛かってしまう、ということがなくなります。

これだけでも毎日朝一の15分を使う作業の意味は大きいといえます。

振り返りも簡単に

時計付箋紙記入例2

MOLESKINEに書かれる内容は、時計付箋の横にその日やることとその日の仕事メモ。使った時間については付箋紙に書かれた予定と実績のギャップを赤ペンで追記して分かるようにしてます。

これらの作業記録は振り返りもやりやすくなります。

自分の所属する部署では毎週グループミーティングで各自のテーマの進捗状況が共有されます。ミーティングでメンバーに伝えたいことはほとんどMOLESKINEに書いてあるので、この記録を活用して先週やったことをまとめます。

蛇足ですが、少し前の記事で紹介したようにノートメモはEvernoteに索引を作ることで検索性の低下を防いでいます。

GTDとアウトプットを意識した使い勝手重視のアナログメモ運用法 | mylifelog

さいごに

前はiPhoneアプリやウェブサービスで細かくログを取っていましたが、自分にとって得られるものとかかる手間のバランスがとれていないような気がしていました。

時計付箋紙を使った時間管理は仕事用メモノートの中で完結し、たいした手間をかけずに自分が取り組んだことを簡単に記録して着実に振り返りに活かせる方法なので、今のところ負担に感じることもなく続いています。一日の最初に貼って、後はサラサラと書き込むだけのお手軽管理◎

気になりそうなコストは30枚入り200円だから1枚当たり約7円で、仕事でのみ使うのであれば月に140円くらいでしょう。マクドナルドのSサイズコーヒー一杯分の計算なので個人的には全然気になりませんでした。


Moleskine Plain Notebook Pocket (Moleskine Classic)

posted with カエレバ

Moleskine Moleskine 2008–01–01

Amazon

楽天市場

Amazonの「何でもほしい物リスト」に何でも放り込む

何でもほしい物リスト

クラウドを活用することでデジタル情報の一元管理がやりやすくなってきている中で、ほしい物についてはその管理方法がずっと定まっていませんでした。

それがつい最近ひょんなことから、Amazonで簡単にほしい物の一元管理ができることが分かりました。

情報をひとかたまりにする便利さ

情報は二次利用のことを考えると一元管理の方が捗ります。

ここ最近充実してきているクラウドサービスのようなWebサービスのメリットの一つとして情報の一元化があり、それを活用することで情報の置き場所を意識することなく情報の活用に注力しやすくなりました。

たとえば現在ボクが情報の一元化を目的にして利用しているサービスは、


ブクログ — web本棚サービス


ブクログは、新しい本と出会えるウェブ本棚コミュニティです。 …
気になる本、DVD、音楽、ゲームをひとかたまりにしてくれる。


Toodledo : A to-do list to organize your tasks


Be more productive with Toodledo — AN INCREDIBLY POWERFUL TO-DO LIST. …
頭の中のやるべきことをひとかたまりにしてくれる。


Welcome to Flickr — Photo Sharing


Share your life in photos …
写真をひとかたまりにしてくれる。


Dropbox — 生活をシンプルに


頻繁に閲覧、編集するドキュメントをひとかたまりにしてくれる。


すべてを記憶する | Evernote Corporation


すべてを記憶する …
雑多な情報をひとかたまりにしてくれる。

こんな感じ。

自分のライフスタイルに関わる大切な情報について、その在処を意識せずにいつでもどこでも同じ情報を活用できます。

ほしい物をひとかたまりにする方法

諸々の情報の一元管理化は着々と進んで便利になってきてはいたのですが、「ほしい物」の管理に関してはうまい方法がまだ見つかっていませんでした。

物欲は他の情報に比べて移ろいやすいので情報の鮮度が特に重要になってきます。

要するに登録しやすく、管理しやすく。そして購入しやすく。

これらを満たす方法をなかなか見つけることができませんでした。

Evernoteに放り込めばいいんじゃないかとか、SumallyとかPinterestを活用したらいいんじゃないか、とかあれこれ試行錯誤しましたがしっくりこず。。。ほしい物をリストする以外の要素があると管理が面倒になります。

単純にほしいと思った物を一元管理するだけの方法って意外とないのかなぁ、なんて思ってたら意外なところにあっさり解決策がありました。

何でもほしい物リスト概要

Amazonの「何でもほしい物リスト」がぴったりそうです。

単なるほしい物リストと違うのは、Amazonに売ってないものでも登録できるで、まさしく自分が望んでいた機能でした◎

純粋にほしい物のリストになっていて管理も今までのほしい物リストと変わらず、買おうと思ったら少ないアクションで購入に至れるという。

何でもほしい物リストの使い方

さて、ほしい物をなんでも登録できる「何でもほしい物リスト」、使い方はブックマークレットを登録するだけです。

下記リンクからブラウザにブックマークレットを登録します。

何でもほしい物リストボタンを追加

ブックマークレット登録後の使い方も簡単で、気になる商品のページでブックマークレットを使うだけです。

厳密には商品ページでなくても大丈夫で、WebページであればなんでもOK。

登録時にアイテム名や値段、説明文を加えて、任意のほしい物リストを選択すれば登録が完了します。

登録した物はAmazonのほしい物リストに普通に登録されています。

mylifelog何でもほしい物リスト

こんな感じでAmazonで取り扱っていない物もリストに表示されています。

さいごに

Web上にあるものはブックマークレットを使って何でもAmazonのほしい物リストに登録できるようになり、一元管理が楽になりました。

あれこれ試行錯誤してきましたが、結果的に既存のサービスを利用してシンプルに管理できそうなのでメデタシメデタシです◎