2012年02月12日「CP+」

Click here to add a title

RICOH GXR,A12 28mm

今年もCP+行ってきました!

聞くところによると今年は例年よりも来場者が多かったとのこと。

行ったのは最終日だったけど、確かに去年よりも感覚的に人が多かった気がする。

今年は各メーカー目玉モデルをお披露目するということもあって注目度が高かったみたい◎

Click here to add a title

RICOH GXR,A12 28mm

恐らく、写真好きの中でも相当に軽い部類に入るであろう自分は、目玉のカメラを確認する以外にヨメ受けが良さそうなネタも無意識に探してたようで、撮った写真もそんなのが多い。。。

上の写真もそんな意図が見え隠れしてる笑

写真好きだけど、家族に理解されない趣味だと広く深く楽しんでいくことは難しくなるからすごく大事◎

Click here to add a title

RICOH GXR,A12 28mm

一眼レフ買い替えの最有力候補となってるNikon D800も忘れずに触ってきました。

さすがハイアマチュア向けフルサイズということで、Nikon一眼レフの入門中の入門機D40とは全く別物。

短時間の試用では漠然とスゴイという感覚を抱くだけでした苦笑

これは後日Nikonプラザで改めて触ってみなければ。。。

Click here to add a title

RICOH GXR,A12 28mm

他にも目玉になってるモデルを行列に並んでは触ってみました。

使用感は専門情報サイトに任せるとして、個人的に気になったのはSIGMAのDP Merrillシリーズ。操作性が従来のDPシリーズに比べて格段に良くなっていて、液晶モニターの解像度もようやく他社並みの高精細になってくれてかなり魅力的に。

サブのコンパクトとしてGR DIGITALを使うつもりでいたので、さすがにポケットには入らないもののDPシリーズのFoveonの画はすごくすごく魅力的なわけで。

悩ましいところです。。。

アクセサリの中で面白いと思ったのは上写真のiPhoneケース。

パッと見た感じは首から掛けたコンパクトデジカメ風に見えるケースでシャッターボタンがiPhoneのボリュームボタンに連動していてシャッターが切れるようになっているのが面白い◎

iPhone 4だと撮れる画にまだまだ不満があったりしたけど、iPhone 4Sなら旅先にこのケースに入れて首から掛けておけば立派にコンデジの役割を果たしてくれるかも◎

Click here to add a title

RICOH GXR,A12 50mm MACRO

表面と裏面の写真。

このケースにつけててもだいたいの操作は可能なので、これはホントに使えるかも。。。

4Sの次のiPhoneも同じコンセプトのケースを出してくれたら買っちゃおうかな◎

行楽限定装着になりそうだけど活躍してくれそう^^

Click here to add a title

RICOH GXR,A12 50mm MACRO

カメラやカメラアクセサリだけでなくて、こういうフォトブック作成サービスも色々紹介されてて興味深かった。

個人的にデジタルデータを完全に信頼し切っているわけではないので、本当に気に入った写真を精選してフォトブックにしておきたいし、AppleがiPhotoやApertureで提供しているフォトブック以外のサービスにもアンテナ張っておこう。

ここ最近はバタバタしっぱなしでなかなか写真の精選が進んでいないけど、実家の両親も楽しみにしているみたいだし早くフォトブック作って送ってあげなきゃなー

Posted from DPad on my iPad 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA