フリクションボールがメモ用のペンとして活躍中

JETSTREAM PRIMEを使うようになってからは一段落したかに思えた筆記具の探求。ところが、物は試しにとフリクションボールを使ってみたら、毎日欠かさず使うほどにハマってしまいました。

今更ではあるんですが、普段のメモ用筆記具にオススメと感じたのでご紹介です。

メモ用途に適している理由

消しクズが出ない

ボールペンだけど消せるのが良い

自分は鉛筆やシャープペンでメモするときに大抵の間違いでは消しゴムを使いませんが、図表やイラストを描いてるときは範囲も広くなるし消したくなるときがあります。

そして鉛筆やシャープペンだと困るのが消しクズが出てしまうこと。出先だと飲食店のようにそもそも消しクズ出すのがマナー違反の場所もありますよね。

そうなってくると間違えまいという心理が働いて描くことに対するハードルが高まってきて気軽にメモしづらくなります。

これがフリクションボールだと全く気にしなくていいのです。

それがこのペンの強みなのだから当たり前と言えば当たり前なのですが、これが先ほどの心理的なハードルを大きく下げてくれるわけです。

バリエーション豊富な色

インクはブルーブラック0.7mm

自分は色はブルーブラックを好んで使っています。万年筆でもブルーブラックを使っているし、落ち着いた色なので気に入っています。

ちなみにブルーブラック自体はメジャーなボールペンのカラーバリエーションには定番色として入ってはいますが、消せるブルーブラックというのはたぶんフリクションボール以外ないと思います(もしもあれば教えてください)。

カラーバリエーションが豊富なボールペンは世の中にたくさんあります。

描いたものを消しても消しクズが出ない特徴があることにより、カラーバリエーションの豊富さが他社のペンに比べてより魅力的に映ります。

自分は単色タイプのフリクションボールビズを使っていますが、複数色を使いたい人は多色タイプのフリクションボールで好きな色をチョイスして使うとよいと思います。

ちょっとだけ不満なところ

毎日欠かさず使っているフリクションボールですが、不満がないわけではありません。

普段はフリクションボールの他に消えて欲しくない用にJETSTREAM PRIMEを使っているのですが、併用して感じるのはペンの滑りとインクの出方が全然違うことです。

当初、フリクションボールは0.5mmのボール径のものを使っていたのですが、JETSTREAMと同じ感覚でサラサラ書けずにかすれてしまうことが多くて結構なストレスに。

フリクションボールの方がメモ用途として使用頻度も高いこともあって、段々と我慢できなくなってきました。

ボールは0.7mmのものに変更

この問題はリフィルのボール径を0.7mmのものと入れ替えてかすれについてはある程度解消できました。

ただ、これについては書き方の癖も考慮に入れないといけない気がします。自分は比較的ペンを寝かせて書く癖があるので、ボール径が小さいとインクフローが上手くいかずかすれてしまいがちでした。

同じような癖のある人はボール径を0.7mmに変更することをオススメします。

さいごに

ボールペンなんて消す必要あるの?なんて最初は食わず嫌いしてましたが、使ってみて印象が180度変わりました。

最近は文具売り場にもかなり広めのスペースが確保されていてボールペンはに限らずフリクションいろえんぴつなるものもあるようです。

ずっと残しておきたいメモには適さないかもしれないけど、日頃から紙によくメモする人にはオススメしたい一品です(ものすごく今さらな感じですが笑)。



パイロット フリクションボール ノック ビズ シルバー

posted with カエレバ

フリクションボールノックビズ(S)

Amazonで見る

楽天市場で見る


パイロット フリクションレフィル07 ブルーブラック

posted with カエレバ

パイロット

Amazonで見る

楽天市場で見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA