2018年04月21日「習い事の待ち時間」

2018年04月21日「習い事の待ち時間」

RICOH GR, 1/30sec, f/3.2, ISO125

週末は長女のスイミングスクール送迎をすることがあって、以前は練習風景をガラス越しに眺めることが多かったのだが、最近は送った途端に「もう帰っていいよ、あとは時間になったらお迎え来てね」とつれないお言葉。

暇つぶしでコーヒー飲みながら読書するのも悪いもんじゃないのでありがたいと思えるのだけど、どこか少し寂しさもある。


撮影カメラ

  • RICOH GR:https://amzn.to/2HG5izC

2018年04月15日「ビデオゲームの面白さ」

2018年04月15日「ビデオゲームの面白さ」

FUJIFILM X-H1, XF16–55mmF2.8 R LM WR, 1/125sec, f/2.8, ISO800

義弟から借りたニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ。

https://www.nintendo.co.jp/hardware/classicmini/index.html

子供達はスーパーマリオブラザーズ、エキサイトバイクが楽しいようでひたすらプレイ。

父はファイナルファンタジーIIIがあまりにも懐かしかったのでつい手を出してしまった。

父がゲームしている横で子供達はじっと見ていたのだが、一つ面白い気づきがあった。
ファミコンの表現力の関係で文字は基本的にひらがなとカタカナになってしまっている。それだから長女でもスラスラ問題なく読めるのだ。

ボタンも少ないし、ルールも単純だし、字も読めるし、ファミコンはゲームの入り口として今も良い役割になるのではと思った週末。。


撮影カメラ

2018年04月14日「春の散歩は花粉との戦い」

2018年04月14日「春の散歩は花粉との戦い」

FUJIFILM X-H1, XF16–55mmF2.8 R LM WR, 1/210sec, f/5.0, ISO200

春は気候的にも自然の草花的にも写真撮る人からすると最高の季節のはずなのに、ある時から一年で最も外出したくない季節になってしまった。

憎き花粉。

花粉のせいで本当に悩ましい季節になってしまった。

FUJIFILM X-H1, XF16–55mmF2.8 R LM WR, 1/2000sec, f/2.8, ISO200

最近は薬を飲めば花粉症の症状を大きく和らげることができるようになったが、それでもいつもとは違う身体の調子に慣れることができない。

そうは言ってもせっかく目を楽しませてくれる季節なので散歩する。撮ってる時は楽しいから良しとしたい。

FUJIFILM X-H1, XF16–55mmF2.8 R LM WR, 1/2400sec, f/2.8, ISO200

3軸チルト液晶とボディ内手ぶれ補正に助けられながら撮影を楽しみ、タンポポが群生しているところへ。

上下の2枚のタンポポの写真は合焦位置を変えている。

FUJIFILM X-H1, XF16–55mmF2.8 R LM WR, 1/2000sec, f/2.8, ISO200

中心か周りか。

同じ花でも印象が変わって見えるから面白い。


撮影カメラ

  • FUJIFILM X-H1:https://amzn.to/2r7Qsq8
  • XF16–55mmF2.8 R LM WR:https://amzn.to/2reMqg3

2018年04月08日「ふてくされる次女」

2018年04月08日「ふてくされる次女」

FUJIFILM X-H1, XF23mmF2 R WR, 1/150sec, f/2.0, ISO200

長女が遊びに行ったのに連れて行ってもらえなかった次女がふてくされてしまった。


撮影カメラ

  • FUJIFILM X-H1:https://amzn.to/2r7Qsq8
  • XF23mmF2 R WR:https://amzn.to/2HFIU52