Mediumの記事を再びWordPressへ

MacBook Proで記事を書くのも楽しくなる

WordPressの新バージョン5.0が12月にリリースされ、そのアップデート内容を見てみてMediumからまたWordPressに戻ってみることにした。

WordPress 5.0 “ベボ”

リンク先の紹介記事にあるように大きな変更点はエディタで、これが今回の移行の決め手となった。

大きな変更点はエディターです。新しいブロックベースのエディターは、サイト全体に渡る効率的な編集体験がもたらす、わくわくする未来への第一歩です。

あらゆる種類のメディアをすばやく挿入し、満足のゆくまで配置を変更できます。コンテンツの各パーツは、それぞれのブロックの中にあって他のブロックと分離され、簡単に移動することができます。

https://ja.wordpress.org/2018/12/07/wordpress-5-0-bebo/

ブロックベースのエディタ(Gutenbergというらしい)に変わり、これはMediumやnoteで採用されているようなエディタの様式の一種だと思われる。

Mediumで気に入っていたのはまさしくこんな感じのエディタの部分で、PCだろうがMacだろうがiOSデバイスだろうがChromebookだろうがアプリやWebブラウザでほぼ同じ体験レベルで記事が書けるところにある。

iOSだとソフトウェアキーボードの時は段落内改行ができないという制約はあるが、ハードウェアキーボードを使えば可能で、これはMediumアプリではどちらも出来なかったから嬉しいポイントだ。

この記事も新エディタで書いている。

まだまだ慣れが必要な部分がありそうだが、年内中に環境移行と細かい手直しをしてWordPressに移行してみようと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA