2020年10月02日「我が家も鬼滅の刃ブーム到来」

とうとう我が家にも鬼滅の刃ブームが到来した。

子供達はもともとNetflixでアニメの鬼滅の刃を観ていて、続きがずっと気になっていたらしい。ちょうど映画のプロモーションもやっていたので尚更気になっているところだった。

自分だけが読むときはKindleで済ませてしまいがちだが、今回は家族で読むことになるので書籍版で注文。
自分が子供の頃、漫画含む色々な本に囲まれて過ごしたことが、今の自分に結構影響を与えていたと思うので、もう少しリアル書籍を並べてもいいのかなぁという気がしている。
とはいえ、Kindleの良さもあるし、何でもかんでも書籍で購入すると収納場所に困ってしまうので、大人が買うものは先にKindle、何度も読み返したくなるものは書籍でも購入、という流れを持ってもいいのではと思い始めている。それなりにコストかかるのがネックだけど、さっと手に取って読めるなら書籍の方がいい。
子供が欲しいものはどんどん書籍で買ってしまえばいいかなという気がしている。自分が買う量に比べたら多くはないので、こっちは常にリアル書籍でよさそう。

今回自分も初めて読んでみて思ったのは、テンポよく読めてどんどん物語も進むので人気が出る理由も分かる気がした。昔のジャンプコミックスっぽさがあるというか、なんというか緻密な設定でガチガチに組み立てられているわけでもなく、気負いせずにサクッと読めるのが万人受けしているところなのかなぁ、という印象だった。
というわけで、楽しく読み進めていけて、最終巻が楽しみになった。

先日、書斎の作業用机にウォールナットのツキ板シートを貼って満足度高く使い始めていたのだが、サイズの関係でつなぎ合わせている部分があったのでそこを少しでも違和感なくするためにパテで埋めることにした。
中学校の頃に技術家庭科で使っていた工具箱にあったノミでうまく荒削りしてその後は紙やすりでキレイにならしていけばなんとかなるだろうか。

YouTubeとかInstagramとかその他Web界隈で見かけるデスクツアーを見ていると、昇降できるデスクとかもあって羨ましくなるが、それ含めてがっつりリニューアルするとなるとそれなりにコストもかかるのでなかなか踏ん切ることができない。。
今の環境も半年前に比べたら段違いに快適になっているので、今後も小改善は続けていこう。


撮影カメラ


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA