HHKBの接続ケーブル最適化_20210424

HHKBを無線接続で使うことを前提にProfessional HYBRID Type-Sをチョイスしたのだけれど、時々接続が不安定になることもあり有線接続方法を最適にするケーブルを探した。

写真の接続方法は、俗にいう”尊師スタイル”を実現しようと思うと、USBケーブルがL型になっている必要があるのと、必要最小限のケーブル長になっているのが個人的には望ましい。

HHKB Professional HYBRID Type-SはUSB-C端子ではあるものの、接続はUSB2.0相当でも問題ないことが確認できた(個人による動作確認のため自己責任で)。

Webであれこれ調べた結果、AINEXのU20CC-LL01Tという型番のUSB Type-Cホストケーブルが両側L型でケーブル長も10cmと写真の通り全然邪魔しないし、ケーブル自体も編み込み地になっていて手触りもケーブル同士の滑りもよい。

ただ、手放しでオススメできるかと言われるとそうではないので、その点についても触れておく。
一方(PCに挿す側)はL型でなくてもよかったという点。少し無理をした感じでケーブルを曲げているので見た目上はちょっとそれが気になる。後日よくよく調べるとL型の向きが違うバージョンのU20CC-LL01TAもあって、こっちの方がケーブルの取り回しが綺麗になる。

仕事は相変わらずバタバタで、先の見えない仕事量というか初めてのことが多すぎて色々と覚えることが多い。

間も無く四十路に突入するタイミングで新しいことに取り組めるのはとても恵まれているのではないかとも思うので、時間的にも体力的にも大変だけどこの状況を前向きに捉えて楽しめるところは楽しんで行きたいと思っているところ。

疲れた頭を癒すのには甘いものが鉄板で、写真のように和菓子の美しくて優しい甘さが心にも余裕を与えてくれるようでありがたい。。


撮影カメラ


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA