WriteRoom

iPhone/iPod touch上での物書きがさらに便利になるアプリがおかゆMacBookさんで紹介されていました.

WriteRoomエディット画面

WriteRoomHogBaySoftware

For people who want something better then the default Notes application, WriteRoom provides simmilar functionality in a richer and cleaner package. Unlike Notes, WriteRoom also provides optional Wi-Fi access to your documents.

iPhone/iPod touch用アプリで既に出回っているエディタソフトの基本機能(横向き入力,作成した文書のメール送信)に加えて,なんとこのWriteRoomではBonjour機能を利用してMac上からiPhone/iPod touchの中のテキストを閲覧・編集できます◎

WriteRoomの画面左上にあるアイコンがBonjor機能を使うボタンです.iPhone/iPod touchがWi-Fiに接続された状態でこのボタンを押すと,Mac上のSafariのブックマーク上にiPhone/iPod touchが表示されます.

そこからアクセスした時の見え方はこんな感じです.

WriteRoomブラウザからの操作画面

SafariにiPhone/iPod touchまんまが表示されます◎

Mac上なのでマウスとキーボードで操作します.もちろん「コピー&ペースト」も可能です!!

WriteRoomを使い始めて,iNoteを使っていた頃に比べて便利だと感じたことが2点あります.

1つはデータのハンドリング.

WriteRoomだと,iPhone/iPod touchでもMacでも同一のテキストデータを扱うので,場所によらず物書きに集中することができます◎

iNoteを使った場合,入力したテキストをMac上で扱えるようにしようと思うと,メニューからメール送信して,Mac上でコピー&ペーストすることになります.こうなると,Mac上でそのまま完成させないと編集した内容をiNoteに戻す方法はありません.つまり,iNoteの場合,iNote上でテキストを完成させるか,Mac上に移してそこで完成させるかしかないということです.

WeiteRoomではその辺りの煩わしさが解決されます◎

2つ目はエディタとしての完成度.

iNoteを使っていて「あれ?」と思うような挙動がWriteRoomではありません◎

iNoteは横向き入力時に変換候補がソフトウェアキーボードに隠れたり,たまに縦横の切り替えができない時があります(起動し直すと直る).

WriteRoomでは違和感なく自然に動作しています◎

最後に気になる点を2点.

1つ目はセキュリティの心配.

Bonjour昨日を使う時,以下の警告文が表示されます.

WriteRoom共有画面1

まだセキュアな状態でBonjour機能を使えないようです.自宅で使う分には問題なさそうだけど,公衆無線LANを利用する場合は他の利用者が閲覧できてしまう恐れがあるということかな?

2つ目はカテゴリでテキストが管理できないこと.

WriteRoom共有画面2

iNoteではこの機能が実装されていて便利に使っていただけに,痛いところです.今後,WriteRoomでカテゴリ分け機能か検索機能が実装されることを期待したいと思います.

というわけで,なんだかんだでWriteRoomを便利に使っています◎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA