2020年02月11日「ACROSが好き」

X-TRANS CMOS III、X-Processor Proから使えるようになったフィルムシミュレーションのACROSが好きだ。

前にも書いた記憶があるが、FUJIFILMのカメラを使い始めてメーカーが提供しているエフェクト、というかカラーモードを初めて使うようになった。

フイルムメーカーとして自信を持って提供されているというのがユーザーにも伝わってくるから使ってみようと思えるし、実際に使ってみると納得感のある画作りでまた使ってみようとか、こんな被写体の時にこのシミュレーションを使ってみようとかどんどん想像することができる。

例えばACROSは白黒だけど色というか温度を感じ取ることができる気がする。

どんな景色も特別なカタチで残せそうな気がしてくるか不思議だ。

フィルムシミュレーションについてはFUJIFILMも長期に渡って取り上げてくれている。新しいフィルムシミュレーションが追加されると都度その解説も追加してくれるので、画作りの哲学というかそういうものに触れながら自分もシャッターを切ってそれを確認することができる。


撮影カメラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA