2020年09月29日「ツキ板シートの効果」

書斎の机の天板に木目のツキ板シートを貼って見た目も肌触りもよくなったことで、机の上で作業するときのモチベーションが高まってきた。ちょっとした作業をやる時も机でやりたい、と思える。

ここ半年くらいずっとリモートワーク環境の改善を行なってきて主に機能面でのアップデートがメインだったが、今回は見た目とか質感を重視したアップデートをした。
何かが劇的にやりやすくなるとか、便利になるとかではなかったけれど、モチベーションが思ったよりも高まって良い感じで、今後もやれるところは見た目のアップデートもしていこうと思った。と言っても、ツキ板シートは見た目だけじゃなく、本物の木目なので手触りも質感も素晴らしいからその影響もありそうだけど。

写真のように外部ディスプレイに接続しないでラップトップのみで作業したい時も机の片隅のマグネット付きのケーブルホルダーに留められた電源ケーブルを引っ張り出してすぐに作業に取り掛かることもできる。

木目になって、これからの季節だんだんと涼しく、寒くなってくるので手を乗せたときにヒヤッとならないのはいいかもしれない。引き続き感じたことがあればPhotoDiaryの中で触れていこうと思う。


撮影カメラ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA