2020年10月24日「電気絶縁用アセテート布粘着テープ」

普段コンピュータを使っていて、充電にしろ周辺機器の利用にしろケーブルを使う機会が多い。
今回はそんなケーブルについて少し手を入れることができたので備忘録的な日記。

最近ケーブル購入するときに必須条件としているのが滑りのいいナイロン素材かどうかで、実際に使ってみた人なら分かると思うがナイロン素材だと複数ケーブルが入り乱れても滑りが良いので絡まりにくいという利点がある。
書斎のデスクトップは基本ケーブルがごちゃごちゃしないようにケーブルホルダを使って机の片隅にケーブルをマグネットで固定している。使うときにマグネットで留めたケーブルを引っ張り出して使いたくてその時にナイロン素材じゃないとケーブルが互いに引っかかって取り回しがしづらくなってしまうのだ。それがナイロン素材だと一気に解決される。

先日導入したようなビデオキャプチャのアダプタなんかはどうしたってケーブルはナイロン素材ではないので、ケーブルをなんとかそれに近い質感にできないか色々調べた結果、記事タイトルにあるニトムズの電気絶縁用アセテート布粘着テープというものを見つけた。
もともとケーブル被膜が裂けてしまったり、配線露出の補強やケーブルの強度を高めるのに使用されるテープとしては定番のものらしい。

この記事で紹介したMONSTER X LITEのケーブル部分をアセテート布粘着テープで覆うことでケーブル取り回し時に引っかかりもなくスムースにカメラセットアップできるし、収納時も取り出し時も他のケーブルと干渉しづらくなる。
まだまだ上手に貼ることができない気がしているので、もう少し他のケーブルもこのテープで補強していってベストな巻き方を習得したいところ。


午後は珍しく車で少し離れた場所に移動して待ち時間に散策した。

久しぶりにクラシックネガ風で撮ってみる。
立ち止まっていると肌寒いけど、歩き回るとまだ少し汗ばむくらいのこの気候。あちこち散策するには本当に最高の時期なのだけど、まだ自由にあちこち歩き回ることは憚られるので早いところ落ち着いて欲しい。。

今回の散策はなかなか外出がしにくい中で貴重な秋の気配を感じる機会となった。


撮影カメラ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA