2020年11月03日「町田で密を避けてのんびり」

リス園に名勝に名勝にダリア園。
町田にこんな場所があるとは知らなかった。

数年前はほぼ毎日、町田を経由して出社していて町田の雰囲気というのはなんとなく理解していたつもりだったけど、所詮それは通勤時に見ている一面的な町田だった。

今回は感染対策も兼ねて自宅から車で移動したのだが、こんなところがあるとは全然知らなかった。
今回行ったのはリス園とその側にある薬師池公園とダリア園で、半日密を避けた上でしっかり楽しむことができた。

まずは町田リス園。ものすごくわかりやすい入り口。
これだけで子供達のテンションが爆上がり!かと思ったら、生き物が苦手な次女が既に怖気付いてしまい入場前から前途多難な予感。。

混雑はしていないものの、感染対策のために間隔を空けて入場を促され、余裕を持って見られるようになっていたのはよかった。

リス園に入って最初に目にするのはこの記事冒頭の写真にあったリスで、そこから進むとリス以外の可愛い動物もたくさんいる。
餌もあげられてムシャムシャ食べてる姿に心癒される。これもやっぱり次女はどうしても怖がって近づくことができず、遠巻きで眺めるだけになってしまった。。

次女はどうにもこうにも動けないようなので、長女と二人で放し飼い広場へ。ここではひまわりの種をもらい、手のひらに乗せてすぐ手元までリスが寄ってきて食べる様子を愛でることができる。
長女が進んで餌やりをしてくれたので、しっかり写真を撮ることができた。よく観察してみると、種の外側を器用に剥がして中身を食べているのがわかる。

お腹いっぱいになったリスはもれなく同じ格好で寝ているのが可愛い。

一通りリス園を楽しんだ後はすぐ向かいの薬師池公園へ。

密を避けるために芝生の広場に行き、子供達がこさえてくれたお弁当をいただく。天気もよくて日が当たる場所であれば肌寒くもなくずっとゴロゴロしてられる。子供達は芝生を走り回って楽しそうにしているし、久しぶりに夫婦揃ってダラダラゴロゴロした。

子供達が芝生遊びに飽きた頃を見計らって公園散策に切り替え。
まだ紅葉には少し早いけれども、部分部分が色づき始めていて、池の周りを歩いているときはなかなか見応えがあった。
その後、国指定重要有形文化財の「旧永井家住宅」や東京都指定有形文化財の「旧萩野家住宅」を見て回る。子供たちには数百年以上昔に建築された建物が相当興味深かったらしく、かなりの時間じっくり観察し、たくさんも質問攻めにあった。
新型コロナウイルス気軽にあちこち見て回れるようになるには、まだまだ時間もかかりそうだが、何でも興味を持ってくれるうちにあちこち見聞を広めてもらいたい。

最後はダリア園へ。
この場所にたどり着くのにかなり手間取ってしまった。どの道を曲がったらいいのか分かりにくいので、あらかじめWebサイトのアクセス方法をしっかり見ておく必要がある。

閉園1時間前に滑り込んだものの、施設の規模的には1時間あれば十分見て回れるくらいで、今回の場合少し時期を過ぎてしまったようだった。
見頃は少し過ぎてしまったようで、写真はまだきれいに咲いているもの。次回行く時は10月中がいいかもしれない。全部が見頃だと1時間だと足りないかもしれない。


撮影カメラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA