マスタリー2000で気づいたこと

TOEICマスタリー2000操作画面1

物書堂が提供する「新TOEICテスト 英単語・熟語マスタリー2000」。

新TOEICテスト英単語・熟語マスタリー2000物書堂

マスタリー2000レビューMylifelog

通勤時に片手で勉強できるiPhone用英語教材として重宝しています。

このアプリでちょっとした発見をしました。

TOEICマスタリー2000操作画面2

TOEICマスタリー2000操作画面3

単語の穴埋めテストではデフォルト設定だと英文の下に和訳がついてきます(写真左)。

この和訳の部分をタップすると(タップして日本語訳を表示)となり、和訳を非表示にできます(写真右)。

そもそもはじめから和訳を非表示にすれば良いではないか、という話ですが、マスタリー2000だとそれだと困る仕様のようです。

TOEICマスタリー2000操作画面4

確かに設定画面には穴埋和訳ヒントのON/OFFが切り替えられるのですが、これをOFFにすると「英文だけ参照すると正解となる選択肢が複数存在する場合があります」という警告ダイアログが表示されます。さらに「和訳ヒントを使用しない場合は、「音声を自動再生」の設定をオンにしてください」とも促されます。

ちなみに穴埋和訳ヒントOFFで音声を自動再生ONにしておくと、問題の度に英文を読んでしまうので正解が分かってしまいます。。。

マスタリー2000を使ったことがある人なら分かると思いますが、確かに和訳がないと選択肢が選べないときがあるんですよね。。。

穴埋テストでは音声が再生されると正解が分かってしまうし、和訳は最終的に確認できるようになっていれば良いので、任意で音声を再生できて和訳表示ができる穴埋和訳ヒントONモードがオススメです。

ーーー

マスタリー2000は、よく見た単語のページに手垢が付いていくような視覚効果で使い込み具合が把握でき、デジタルなツールにアナログっぽい味付けが特徴的です。

上に書いたような仕様は残念ではありますが、平易な単語から比較的難しい単語まで揃えてあり、熟語やビジネス単語も200ずつ入っています。

何より片手で使えるので、通勤時は時間の有効活用ができます◎SE110なので社内でも音声は鮮明に聞こえるし、S605でiPhoneのハンドリングは良好なので取り回しに困ったことはありません。

家・会社←→駅で歩いているときはPodcastや音楽、電車内はマスタリー2000と、快適なiPhoneライフです◎

残念なことに、少し前にうっかりバックアップから復元せずにいくつかの大切なデータを失ってしまいました。。。WeightbotやMoneylog9月分、そしてこのマスタリー2000の学習履歴も失ってしまいました泣

しかし、今回の発見も含めてまだまだ自分のボキャブラリ向上のために活用するつもりです◎

WPtouch iPhone導入

WPtouch for iPhone画面1

WPtouch for iPhone画面2

このブログにWPtouch iPhoneプラグインを導入しました。

iPhoneやiPod touchで当ブログを閲覧すると、サイトの体裁が480*320の解像度に最適化されて表示されます。

WPtouch for iPhone画面3

WPtouch for iPhone画面4

WPtouch for iPhone画面5

タグとカテゴリを使って簡単にエントリを絞り込んでいくことも可能です(画像:左・中)。

通常レイアウトへの切り替えもページ下にあるトグルスイッチで簡単にできます(画像:右)。

ーーー

携帯電話でフルブラウザが快適に使えるという驚きをiPhoneOSは与えてくれました。

なのでiPhoneの解像度に最適化されるということにあまり良い印象を持っていなかったのですが、コンテンツにより簡便にアクセスできるのを目の当たりにすると、「これはこれでアリかもしれない」という思いが強くなりました。

話は少し逸れますが、iPhoneOSにレイアウトが最適化されたAmazon.jpも通常のレイアウトよりはアクセス性が高くなります。クックパッドもレイアウトが最適化されればさらに便利になるのになぁ、なんて淡い期待を持ったりもしています。。。

2009年09月26日「キムチの王様「ポッサムキムチ」」


Nikon D40,AF-S DX Nikkor 35mm(F1.8,SS1/30)

韓国旅行で買ってきたキムチの王様「ポッサムキムチ」。

ようやくいただくことができました。

ポッサムキムチとは|はてなキーワード

普段晩酌をする時にはほぼ欠かさずキムチを食べていて、先日の韓国旅行では必ず晩酌用のキムチを買って帰ろうと決めていたくらいキムチ好きです◎

このポッサムキムチ、キムチの王様と言われるだけあって、コクがあって具沢山で食べ応えもあって本当に美味しいです。

なかなか取り扱っている所を見たことがないですが、もし機会があれば是非!

オススメの一品です◎

LCCがSnowLeopardに対応

DSC_1687.JPG

V470の純正ドライバである「Logicool Control Center(LCC)」がとうとうSnowLeopardに対応して、やっとV470本来のポテンシャルを引き出すことができるようになりました。

Logicool Control CenterLogitech

iMac(late2006)をSnowLeopardにして便利になったことはたくさんある中で、唯一と言っていい悲しいデメリットが愛用しているマウス「V470」のドライバLCCがSnowLeopardに対応していなかったこと。

ドライバを入れなくても左右スクロールには対応していたものの、ホイールクリックが使えません。ホイールクリックはアプリケーションスイッチャーに割り当てて重宝していただけにこのダメージは大きかったです。

Logicool Control Center

Spacesで複数画面にしている人にはアプリケーションスイッチャーはより便利に感じると思います。

SnowLeopardになって、Exposeが強化されてSpacesによって散らばった同じアプリケーションウィンドウが簡単に俯瞰できるようになったので、ありがたみは薄くなりましたが、それでも直感的に目的のアプリケーションに切り替えられるので助かります◎

ーーー

今回のアップデート情報はTwitter経由で手に入れました。

今までGoogleリーダーで入手していたような情報をTwitter経由で入する事が多くなっているような気がします。

自分の情報インプットスタイルが少しずつ変わっているようです。