Chromebookのドッキングモードが便利

愛用中のChromebook C720はHDMIケーブルとキーボード、マウスがあればいざというとき大画面に出力して使えます。

特に閉じっぱなしで使えるドッキングモード、Macで言うところのリッドクローズドモードはオススメなので紹介です。

ChromebookをリビングのTVに繋げる

ChromebookはWindowsPCやMacと同様に外部ディスプレイに出力して使うこともできます。Acer C720はHDMI端子を備えているので画面と音声の出力が可能です。

リビングにあるTVがHDMIポートを余らせているのでリビングPCとして使わない手はないと思い試してみました。

Chromebook Acer C720左側ポート類

ChromebookとTVをHDMIで繋げてみるといくつかモードがあるようです。

  • ミラーリングモード(Chromebookディスプレイ=TVディスプレイ)
  • 拡張モード(Chromebookディスプレイ+TVディスプレイ)
  • ドッキングモード(TVディスプレイ)

これもWindowsPC、Macと同じ感覚ですね。

個人的にリビングPCで使うときはデスクトップライクに使いたかったので、Macでいうところのリッドクローズドモードに当たるドッキングモードで使ってみることにしました。

ドッキングモードに必要な物は3つ

ドッキングモードで必要な物はHDMIケーブル含めて3つになります。

  • HDMIケーブル
  • マウス
  • キーボード

Chromebookを閉じて使うのでマウスとキーボードが追加で必要になります。

Logicool MK240

ケーブルでごちゃごちゃしないようにマウスとキーボードはLogicoolのmk240というUSBドングルを使ったワイヤレスタイプにしました。C720はBluetoothも備えていますがUSBドングルの方が接続の相性とか何かの拍子に接続が不安定になることが少ないので楽です。

使い方も簡単です。

まずTVの入力切替でChromebookと接続するHDMIケーブルを接続した端子に切り替えます。あとは起動しているC720にHDMIケーブルとUSBドングルを接続してディスプレイをパタンと閉じれば自動的にドッキングモードに切り替わります。

Chromebookドッキングモード外観

解像度も1080pのTVに合わせて1920×1080で表示されます。C720はHaswell設計の統合型グラフィックになりますが、1080pの出力くらいならビクともしないはずです。メインメモリ共有のものなのでここでも多めのメモリを搭載しているC720のご利益にあずかれます。

ノートブック⇔リビングPCの効用

C720はモバイルできるサイズ・重量でありながら、TVに接続することでリビングPC的にも使えちゃうことから、夫婦でのあれこれ調べごとをするときに真価を発揮します。

自分一人で調べていた内容を夫婦で共有してさらに深掘りするとき、ChromebookをTV横に生やしているHDMIケーブルに接続してドッキングモードに移行します。あとはTVボードからキーボードとマウスを出したらそれで大画面デスクトップになります。

Chromebookドッキングモード

我が家のTVは37型の1080pなので、ブラウザの文字サイズを大くらいに変更すれば二人でああでもないこうでもないとWebブラウジングを快適に続けられます。Googleクラウドプリント設定をしておけば気になる情報をサクッと印刷することも可能です(利用するにはWindowsPCかMacのChromeでGoogleクラウドプリントコネクタを有効にする必要があります)。

最近だと、来月行く予定のディズニーランド情報を集めるのに使ったり、もう少し寒さが和らいだタイミングで行く予定のさがみ湖イルミリオンの詳細を確認するのに活躍してくれました◎

これって別にiPhone、iPad miniでも同じことができたりします。例えばiPad miniで調べていた内容を一緒に見るときははAppleTVにAirPlayでTVに表示する、というように。

ただ、これってやったことある人なら分かると思うんですが、操作している人はTVの方を見て操作するのが難しいんですよね。タッチで直接操作しないといけないから指の方に目線を向けないといけないという。単なる操作でこういうのが積み重なると、夫婦で一緒にちょっとした調べごとをするのも億劫になってきます。

さいごに

最近はiPhoneやiPadのようなスマートデバイスにどっぷり浸かってしまっていましたが、やはりマウスにキーボードという操作も直感的で使いやすいと感じる今日この頃です。

リビングにMacがあればよいだけなのかもしれませんが、我が家の懐事情ではそんなにポンポンMacは増やせません泣

3万円しないChromebookでもこれだけ便利に使えるので興味が湧いた方はぜひお試しください◎

“プリンタを Google クラウド プリントに接続する — Chrome ヘルプ”

“【公式】東京ディズニーランド、東京ディズニーシー、東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイト”

“イルミネーションの祭典/さがみ湖イルミリオン・SAGAMIKO ILLUMILLION”


acer ChromeBook(Celeron2957U/4GB/16GB SSD/11.6インチ/ChromeOS/APなし) C720/2

posted with カエレバ

日本エイサー 2014–12–19

Amazonで見る

楽天市場で見る


【Amazon.co.jp限定】PLANEX ハイスピードHDMI Ver1.4ケーブル 1m (PS3/Xbox360) PL-HDMI01-EZ (FFP)

posted with カエレバ

プラネックス 2010–07–09

Amazonで見る

楽天市場で見る


LOGICOOL ワイヤレスコンボ mk240 ブラック MK240BK

posted with カエレバ

ロジクール 2014–09–26

Amazonで見る

楽天市場で見る


LOGICOOL ワイヤレスコンボ mk240 ホワイト MK240WH

posted with カエレバ

ロジクール 2014–09–26

Amazonで見る

楽天市場で見る

デジ操”AirでPCもMacもiOSデバイスの外付けキーボードに

デジ操”Air

PCやMacと併せてiOSデバイスを使っていると、スペースの関係で外付けキーボードを広げたくてもできないことがしばしば。そんな状況もあってタッチパネルでの文字入力が少し面倒に感じることがありました。

そこで何か良いソリューションはないものかと調べてみた結果、デジ操”Airというドングルが全てを解決してくれました。

USBポートに挿すだけで外付けキーボード

デジ操”Air接続

そのドングルはプリンストンテクノロジーのデジ操”Airというもの。

PSC-RT/RS/RP|製品案内|プリンストンテクノロジー

USBメモリのようなドングルをポートに挿せば、WindowsやMacのキーボードがあっという間にiOSデバイスの外付けキーボードになります。

キーボードの切り替えもワンタッチです(任意のキーに変更可)。また、複数のiOSデバイスを接続して使用することも可能で、これもキーコンビネーションで簡単に切り替え可能です。

活用シーンは明確で、PCやMacとiOSデバイスを併せて使うときに一番の真価を発揮します。

デジ操”Air内のアプリで接続を行うので、USBポートが付いているWindowsやMacならばどれでもiOSデバイスの外付けキーボードになります。

Mountain Lionで使うときの注意事項

現在流通しているものは問題ないかもしれませんが、OS X10.8 Mountain Lionでの利用には注意が必要です。

プリンストンテクノロジーが提供している下リンクのアップデータを適用しないとMac上でデジ操”がマウントされません。

しかも厄介なのがOS X10.8ではこのアップデータが動作しないのでOS X10.7以前かWindows等でアップデートを実行する必要があります。

PSC-RT/PSC-RS/PSC-RP ソフトウェア|アップデート | プリンストンテクノロジー

これさえ気をつければ快適にMacをiOSデバイスの外付けキーボードとして利用できます。

さいごに

PCやMacのキーボードをそのまま外付けキーボードとしても使いたいよなぁ、というちょっとしたニーズが、まさか製品として実現されているとは思いませんでした。

しかもコンパクトで満足な使い勝手です。

値段はそれなりにしますが、PCやMacと併せてiOSデバイスを使う人にはオススメのガジェットです。


プリンストンテクノロジー Bluetooth HIDアダプター デジ操゛Air (スマートフォン向けパッケージ) PSC-RS

posted with カエレバ

プリンストンテクノロジー 2012–04–23

Amazon

楽天市場

GRID-ITでガジェッターの鞄をスリムに

R0051185

CocoonのGRID-IT(サイズ:A4、色:グレー)を手に入れました。

日本ではサンワサプライが取り扱っているようです。

インナーケースGRID-IT | サンワダイレクト

写真の通り縦横無尽にゴムベルトが張り巡らされ、様々なサイズのガジェットや各種ケーブルを挟み込むことができます。

ゴムベルトがしっかりとホールドしてくれるので、よっぽど乱暴に扱わない限りズリ落ちてしまう事もなさそうです。

先日、文具、手帳、ガジェット好きで集まって忘年会をした際にGRID-ITの存在を知ったのでした。

ボクは日頃からiPhoneやBluetoothヘッドセットやその充電ケーブル、eneloopモバイルブースターやBluetoothキーボード等、結構な量のガジェットとその付属品を鞄に入れて持ち歩いています。

どれも大きなモノではないので鞄を圧迫することはなさそうですが、鞄の中でバラバラになってしまい無駄なく収納することができず、鞄が太ってしまうのが悩みの種でした。

それがGRID-ITによって一気に解決しました◎

正確に測っているわけではないのですが、従来比3分の2くらいの厚みになりました。

コンパクトに収まるだけではなく、挟み込み方を工夫すれば比較的よく使うモノを取り出しやすく収納しておくことも可能です。

今回は通勤鞄用にA4サイズを購入しています。

サイズはB5、A4、B4、A3が用意されているので、用途や鞄のサイズに応じて使い分けると便利そうです。

プライベートの普段のおでかけ用鞄にはB5サイズ、通勤鞄にはA4サイズ、旅行や帰省なんかにはB4やA3サイズが使い勝手が良さそうです。

正月休みの帰省用荷造りをしていた時にB4かA3サイズのがあればなぁと痛感しました。

とにかくこのGRID-IT、オススメです◎


ガジェット&デジモノアクセサリ固定ツール 「GRID-IT!」 B5サイズ ブラック CPG5BK

posted with カエレバ

サンワダイレクト

Amazon

楽天市場


ガジェット&デジモノアクセサリ固定ツール 「GRID-IT!」 A4サイズ ブラック CPG10BK

posted with カエレバ

サンワダイレクト

Amazon

楽天市場


ガジェット&デジモノアクセサリ固定ツール 「GRID-IT!」 B4サイズ ブラック CPG20BK

posted with カエレバ

サンワダイレクト

Amazon

楽天市場


ガジェット&デジモノアクセサリ固定ツール 「GRID-IT!」 A3サイズ ブラック CPG51BK

posted with カエレバ

サンワダイレクト

Amazon

楽天市場

Apple新製品体験

Appleストア銀座店舗情報

午後から新橋で仕事だったので、仕事帰りに銀座AppleStoreに寄りました。

先日発表されたApple新製品を触るためです◎

Magic MouseにMacBook、iMac等々、気になる品々を触ってきました。


“Apple Magic Mouse MB829J/A” (アップル)

まずはMagic Mouse。

実際に触ってみて、MacBookのトラックパッドで二本指スクロールを味わったときに近い感動がありました。感度も良好だし、スクロールも自分が意図したスピードで意図した位置で止めることができます◎

巷では「少し重い」という声が挙がっていましたが、個人的にはあまり気になりませんでした。

なによりもメカニカルな部分がクリック部分しかないので、メンテナンスがほとんど必要なく、長く使えそうです。

ジェスチャーについては環境設定上で管理されていることもあり、今後のソフトウェアアップデートでもしかしたら対応ジェスチャーが増えるかもしれません。

もともとV470でかなり満足していたので買うつもりは無かったけど、先程うっかりポチッとしてしまいました笑

V470はヨメちゃん使用のThinkPad X60sで使えるようにBluetoothのドングルを買ってきてあげる必要がありそうです。

昨日のTwitterでもつぶやいたりしましたが、実はMagic Mouseの第一印象として機能呼び出しボタンが無いことに不満を持っていたのでした。

Mighty Mouse時代はスクイーズボタンに、V470ではホイールクリックにアプリケーションスイッチャーを割り当てていて、たくさん開いたウィンドウの切り替えに活躍していました。Exposeも併用することでマウスのみで目的のウィンドウに素早く辿り着けます◎

Magic Mouseではマルチタッチ機能がフォーカスされ、機能を呼び出すためのボタンがなくなってしまっており、使い勝手を心配していたのでした。

しかし、そんな心配も画面四隅スポットをうまく活用すれば、ボタンレスでも充分カバーできそうな気がします。そう考えさせるくらいにマウス上でのマルチタッチは快適でした◎

MacBook(Late2009)

次はMacBook。

ガラスタッチパッドはアルミMacBookの頃から触っていたので操作性の良さは分っていたので、それ以外だと筐体のユニボディ化と、従来機よりもさらに丸みを帯びたデザインが好感触でした。

白いポリカーボネイトという素材は変わらなくてもユニボディになるだけでこうも印象が違うのか、というくらいに美しく見えます。光沢感や色味も従来機と若干違うのでそれもあると思うのですが、やはり継ぎ目がないというのは良いですね◎

あと、ボディがさらに丸みを帯びたのは持ったときの重量感を感じさせない上手いデザインだと思いました。実際にフタを閉じて持ってみても、手に馴染んで、2kgあるとは思えないです。

iMac(Late2009)

最後にiMac。

21.5″と27″は数値以上に大きさの印象が違います。iMac17″(late2006)ユーザーからすれば21.5″も十分大きいと思ったのに、27″を見てしまうと。。。自宅での設置イメージができません笑

広い書斎をお持ちの方や、スペースに余裕のあるテーブルをお持ちの方じゃないと目と肩が疲れてしまうかもしれません。しかし、この広大な解像度が手に入ったら最高ですよね。

ーーー

結局、AppleStoreにいたのは30分くらいでした。

これ以上いると、物欲が抑えられなくなるので笑

しばらくは現在のメインマシンiMac17″(late2006)を使っていく予定ですが、今後買換えをするとなるとどういう選択をするのかな。

iMacやMac miniも良いなぁとも思うし、MacBookシリーズも便利だろうなぁとも思うし、、、自分の生活スタイルに最も合ったMac選びをしたいと思います。

タブレットや新しいiPhoneが出たら、欲しくなるMacのイメージも変わりそうだし。。。

とりあえず今は、年明けに発表が噂されるタブレットや、来年の夏に出るであろう新しいiPhoneを鬼に笑われながら待ちたいと思います。

EP-801A修理完了&お届け

DSC_4698.JPG

8/29(土)に引き取られて、早くも修理完了&お届けとなりました。

配送時間を考えると修理期間は2日間!

正直こんなに早く帰ってくるとは思いませんでした◎

故障しないのが一番ですが、アフタフォローが良いとなんとか許せてしまいますね。

あとは再発しないことを祈るのみ。。。